モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ねこがいっぱい」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねこがいっぱい 作・絵:グレース・スカール
訳:やぶきみちこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1986年9月30日
ISBN:9784834000368
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,683
みんなの声 総数 44
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • スゴい!読めた!

    2歳の息子が1度読んだだけで自分で読めるようになりました。これにはビックリ。「おおきいねこ」「ちいさいねこ」「しましまねこ」と、ページをめくりながら、つぎつぎ登場するねこの特徴をとらえた呼び名を、うれしそうにさけびます。何度も何度も。「すごいねぇ。読めるんだねぇ」と私が褒めると、またうれしそうに読み始めます。
    言葉が出てきた赤ちゃんにぜひ読んであげてほしいです。また、登場するのは魅力的なねこばかりなので、大人も楽しめると思います。

    掲載日:2012/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなネコたち

    いろんなねこがでてきます。
    大きいねこに小さいねこ。
    しましまねこに、ぽちぽちねこ。
    ねこが好きな子にはいいんじゃないかな。

    掲載日:2011/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこがたくさん登場

    2歳9ヶ月の息子に読んでやりました。もうすこしこの本を早く読んでやればよかったと思いました。

    いろいろな猫、柄、大きさ、細さ、好きなものの特徴をわかりやすいイラストで紹介した猫の本です。まだ話せないけれど、言葉を教えてやりたい、読んできかせたい、そういうお子さんに繰り返し、猫という切り口で大きい、小さい、太っている、痩せているなども教えてあげられます。

    後は、猫好きの方のほうがいいかもしれませんね。こんなに猫がたくさん、猫しかでてこないのですから。

    掲載日:2010/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んであげやすい

    たくさんのネコが登場します。
    シンプルな内容なので、おおきい、ちいさい、などなど言葉の勉強にもなります。
    息子のお気に入りは、最後にみんなで「にゃーお」というところです。
    自分も真似をして「にゃーお」と楽しんでいます。

    掲載日:2010/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな猫

    こんなにいろんな種類、個性の猫たちがそろうと
    猫の世界ではなく、身近な人たちを見ているみたい。
    この大きい猫はお父さん、小さい猫はいとこの
    赤ちゃんだねと身近な人物に置き換えて
    読んでいました。
    猫ちゃん一匹一匹の顔がかわいいこと。

    掲載日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • いぬがいっぱいとセットで

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    グレース・スカールの初めての作品である「いぬがいっぱい」に続いて発刊された作品。
    1947年の初版で、日本には、1986年に翻訳されています。

    「いぬがいっぱい」では、犬の種類の違いが明確にわかって、それこそいっぱいという感じがしたのですが、この作品ではそれほどいっぱいという臨場感がありませんでした。

    白のキャンバスに描かれたとてもシンプルな猫の絵なのですが、犬と違ってそれほど躍動感を感じなかったのは、やはりその性質によるものなのでしょうか。

    「いぬがいっぱい」があまりにも良かったので、少しがっかりしましたが、赤ちゃんにとっては、楽しい作品には間違いありません。
    「いぬがいっぱい」とセットで是非読み聞かせしてみてください。
    0歳から楽しめます。

    掲載日:2009/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこだらけ

    「いぬがいっぱい」を借りた翌日に、図書館で娘が持ってきたのは「ねこがいっぱい」。
    実際借りてみると娘は「ねこがいっぱい」のが好きみたい。
    しょっちゅう出してきては「ぽちぽちねこ」と自分で読んでいました。
    一番好きなのは「ほそいねこ」。なぜかいつも本を縦にして見ています。
    ネコはネコでもこれだけ個性あるネコが集まると違う動物みたいで
    最後の勢ぞろいしたページはとても楽しいです。
    動きもイヌよりネコのが身軽で生き生きとした感じになるのかもしれませんね。

    掲載日:2008/10/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねこがいっぱい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット