もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

まりーちゃんとひつじ」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

まりーちゃんとひつじ 作・絵:フランソワーズ
訳:与田 凖一
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\640+税
発行日:1956年12月1日
ISBN:9784001151145
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,365
みんなの声 総数 55
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ナイス!ネーミング!!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    ウケましたよ〜。家族みんなでウケました。
    なんですか?このネーミング。これだけで我が家の笑いをとりました。
    しかも、まりーちゃんの第一声「ぱたぽん」。
    ぱたぽんって、誰〜?と思ったら、まりーちゃんの羊で、どうやらこれから母になる予定らしくて…。
    読んでいくと「数の絵本」ぽい。決してウケ狙いの、笑いを意識したものではなく、まじめなかわいい物語。
    なのに、そのもの文章のリズムが心地よく笑えました。(^^)
    なんだか、変な褒め方ですね。

    第2話「まりーちゃんのはる」も、グットです。
    ひつじが「ぱたぽん」なら、まりーちゃんのあひるは「までろん」です。ナイス・ネーミングです。まりーちゃん!

    この絵本の第1刷が、1956年とあります。
    だからあえて訳者の与田さんは、ひつじやあひるの名前をひらがな表記したのかもしれませんが、
    あえてひらがなであるせいで、
    この名前がよけい強調されているような気がして、面白かったです。
    作者フランソワーズのイラストもいいです。
    イラストの中で笑ったのは、マリーちゃんが「までろんの行方を聞いた魚を釣っているおにいさん」です。
    おにいさんって、書いてあるのに、そこに描かれている人には口髭が!?「おにいさん?」みんなで顔を見合わせてしまいました。
    この絵本の対象は、幼稚園前後のお子さんでしょうが、家族で読む分には、子どもがいくつであっても楽しい絵本でした。

    掲載日:2009/09/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「まりーちゃんとひつじ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / 14ひきのあさごはん / もりのなか / いないいないばあ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『スコットくんとポワロくん』<br>フィリケえつこさんインタビュー

みんなの声(55人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット