うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

てぶくろ」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

てぶくろ 作:(ウクライナ民話)
絵:エウゲーニー・M・ラチョフ
訳:内田 莉莎子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1965年11月
ISBN:9784834000504
評価スコア 4.74
評価ランキング 804
みんなの声 総数 327
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 冬の定番

    • だかりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子6歳、女の子4歳

    昔からロングセラーのこの絵本。
    2回連続で娘が保育園から借りてきました。

    おじいさんが落としたてぶくろに、動物たちが入っていく・・・
    ただそれだけなのが子どもには面白いんですよね。
    小さいねずみから、かえる、うさぎとだんだん大きな動物になっていって、最後はくま!
    小さな手袋に入っていくようすに想像力がふくらんでいくようです。

    味のある絵もとっても素敵です。

    おしゃれぎつねとか、ぴょんぴょんうさぎとか、細かい言葉まで覚えるほど気に入っていました。

    掲載日:2012/03/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 現実にはあり得ない面白さ。

    有名なウクライナ民話です。
    おじいさんが落とした手袋に、動物たちが次々と入っていきます。
    ねずみと、カエルと、うさぎと、きつねと・・・。

    もう入らないんじゃない?と心配になるくらい、次々と動物たちが手袋に入ります。
    まぁ、実際には入ってもせいぜいねずみとカエルくらいでしょうが、そこがこのお話の面白いところ。
    どんどんどんどん入っちゃうところが、娘にも面白かったようです。
    しかも、屋根や窓まで付けて、本当の家みたいになってるし^^
    この絵本の魅力はお話だけでなく、この絵が素晴らしいです。
    きつねやオオカミなんか、ちょっと迫力ありすぎるくらいなんですが、繊細なタッチで現実味があります。
    表紙の絵も素敵。どこをとってもいい絵本だと思います。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 思い出深い絵本

    私も子どもの頃、母に読んでもらってた絵本で大好きでした。
    そして、学生時代にこの演劇をして、私にとってはすごく思い出深い絵本なので、娘達にも読んであげたいと思い購入しました。

    購入してからは、1日何回も、毎日のように読みました。そして、上の4歳の娘は、すぐに絵本の世界に入ってしまって、バーバやジージを引きずり込んでごっこ遊びをし始めました。
    おしゃれぎつねが大好きな娘。自分がてぶくろに入ろうとする時は、おしゃれぎつねが多いんです。自分なりのオシャレをして(笑)
    子どもって正直って思います。好きな絵本は何回も読むし、すぐ絵本の世界に入っちゃって、登場人物になりきっちゃう。

    この絵本は、きっと、これからもずっと、たくさんの子ども達に夢や想像力を与えて、この絵本の世界に引き込んでいくんでしょうね。

    掲載日:2009/05/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 気になる!

    てぶくろの中に入りたがる動物がどんどん大きくなってくるので、息子と一緒に「もう入れないよ〜!」と騒ぎながら読みました。
    最後にクマが現れた場面では一体どうやって入ったんだろうとワクワクしながらページをめくるも、残念ながらクマが手袋に入っている所は描かれていませんでした。うーん、気になる!
    表紙に描かれた花模様が東欧刺しゅうのようで、遠い異国の地ウクライナへの想像をかきたてられます。

    掲載日:2015/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名作です

    説明が要らないくらいの名作ですね
    いろいろな本が出ていますが福音館のこちらが一番好きです。ちょっと怖いようなキャラクターなのですがみんなが手袋に入っていく様子が面白いし、絵をよくみると、手袋が家のように木をつぎたしたりしてかわっていくさまもよいです。子どもは怖いといいながら、その不思議な世界に入り込んでいくように聞いてくれます。異国の匂いもします。

    掲載日:2014/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議なてぶくろ

    おじいさんが雪の中に落として行った手袋が、色々な動物たちの家になるところが凄いと思います。
    だんだん大きくなっていくのも不思議です。
    仲良く次々と動物たちが場所をゆずりあって手袋に入っていくところに、心のぬくもりが感じられました。
    でも、手袋を落としたおじいさんが戻ってきて、手袋の中の動物たちは慌てて雪の中に散って行きました。
    動物たちが逃げて行く光景は描かれていないですが、想像するととってもユーモラスです。

    掲載日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬に読みたくなる1冊

    • ぺこさん
    • 20代
    • その他の方
    • 福岡県

    読み聞かせでは、3歳さん以上にちょうど良い絵本だと思います。

    ちいさな手袋にいろいろな動物が入っていって…
    キツネやオオカミが来たときには、ほかの動物が食べられてしまわないか心配したり、最後は破れてしまわないか心配になったり。

    何度読んでも、
    こどもたちはスーッとおはなしの世界に引き込まれています。

    おじいさんが手袋を落としたところから始まり、
    おじいさんが手袋を探しに戻り拾うところで終わる。
    このわずかな時間での、素敵な物語。

    掲載日:2013/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい

    4歳の娘と読みました。普段聞きなれない国、ウクライナの民話です。とてもおもしろいお話だと思います。皆で小さい手袋に入って暖をとろうとする姿がいいです。どうぶつの大きさもどんどん大きくなっていくに連れて手袋も段々お家のように変化していく不思議が私には面白かったです。4歳の娘はまだその矛盾には気付いていないようでした。
    残念だな、と思ったのは最後のページ。犬が吠えて動物達が一斉ににげて、おじいさんがてぶくろを拾う、のですが、そのイラストがなかったのが寂しいなと思いました。

    掲載日:2012/08/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入り

    4歳の長女がお気に入りの1冊です。

    手袋の中に動物達が順番に入っていきます。

    長女はとても大好きで寝る前にパパのお布団に入り、次女と3人で毎晩「てぶくろ」ごっこしています。

    掲載日:2012/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • いれて!

    動物達が手袋の中に、「いれて!」「どうぞ!」のくれ返し嬉しくなる

    絵本です。手袋の中はぎゅうぎゅう詰めでいっぱいでもみんなの気持ち

    もとっても温かくてほっこりします。読んでいても温かい気持ち、優し

    い気持ちになれてよかったです!

    掲載日:2012/02/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「てぶくろ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが / わたしのワンピース / よるくま / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(327人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット