しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

てぶくろ」 大人が読んだ みんなの声

てぶくろ 作:(ウクライナ民話)
絵:エウゲーニー・M・ラチョフ
訳:内田 莉莎子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1965年11月
ISBN:9784834000504
評価スコア 4.74
評価ランキング 805
みんなの声 総数 327
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 先日読んだ同名のウクライナ民話「てぶくろ」とは

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    若干結末が違うようですが、経過は同じなのでまあよしとします。寒くなると、動物だろうと人間だろうと皆、手袋を身に付けたくなるのですね。小動物までならばまだしも、猪、熊が手袋に入るのはちょっと無理がありますね!

    掲載日:2014/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬といえばこれ

    冬に必ず読みたい大好きな絵本です。

    ただのてぶくろが、だんだんお家っぽくなっていくところが、たまらなく好き!
    小さい頃は、てぶくろのいえに憧れていました。
    だっておしゃれで可愛くて、とってもあったかそうなんだもの!

    どんどん増えていく住人も、次は誰が来るのだろう?と、ドキドキワクワクしました!

    この不思議なてぶくろのいえに入ったら、みんな小さくなるのかしら…?

    夢が詰まったあったかいお話。
    大人になった今でも、冬の定番はこれです!

    掲載日:2014/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 無限のてぶくろ

    次から次にやってくるどうぶつ達を包み込んでしまうてぶくろ。
    四次元てぶくろなのか・・・はたまた落としていったおじいさんが大男なのか・・・想像も無限大。
    ぜひ私も入りたい。
    のっそりうまが入れるのだから、私だって入れるはず!
    そんな事を思いながら読みました。
    なかなかリアルな絵だけれど、表紙のぴょんぴょんがえるの目がハートになっているように見えるのは、わたしだけではないはず・・・

    掲載日:2012/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬にピッタリ

    冬には、ピッタリの絵本です。

    昔から受け継がれている、ウクライナの民話です。

    おじいさんが落とした「てぶくろ」の中に、次々と動物が仲間入りしていく様子が楽しいお話です。

    このお話は、様々な所から出ていますが、可愛らしい絵のこちらの絵本が、私は1番好きです。

    寒い冬に、心温まる素敵な絵本です。

    掲載日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • あったかい

    • しのべさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子1歳

    落ちているてぶくろの中に次々に動物が仲間入りしていく様子が楽しいです。
    でも、クマが入るる??と笑いたくなりますが、そこは想像の世界。
    子供が読んだら毛布の中に友達が一人ずつ入っている遊びがしたくなるような本です。
    冬にふさわしい、人のぬくもりが感じられるような物語です。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • たのしい

    動物たちでいっぱいの手袋。見ているだけで楽しいです。寒い寒い冬にみんなで寄り添って暖を取っている姿がなんとも微笑ましくて温かい。そして最後は何ごとも無かったかのようにまたおじいさんの元へ。人間たちの知らない動物の世界が垣間見れたようなとても楽しい気分がしました。娘も絶対気に入ってくれると思います。

    掲載日:2010/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいですね

    手袋にどんどん動物達が入っていって、はじけそうになってしまって・・・
    あんなに小さい手袋に、なんであんなに沢山の動物達が入れるんだろう?と思って、不思議に思いました。
    動物達の表情が個性的でとても面白いです。
    挿絵もとてもいいと思います。

    掲載日:2008/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ストーリーも絵もすばらしい

    この本は、すごくおもしろかった。
    これは、雪の中で人間が落とした手袋に、いろんな動物がもぐりこんでいく話。最初はネズミとか小さい動物なのに、次から次へとすべりこんできて、最終的にクマまで押し入ってきちゃう。ついには人間が取りに戻ってきてしまったもんだから皆、クモの子を散らすように逃げていってしまう。有り得ないほど強引に展開されるので腹を抱えて笑ってしまった。また、沢山の動物が一箇所にかたまっていたら窮屈なはずなのに、それでも温かいてぶくろの中にもぐりたい、皆と一緒にいたい、そんな温もりも感じさせられるので、大人にもおすすめ。
    話の筋もいけてるけど絵柄も相当いいと思う。可愛らしさは全然ないけど、動物らしく基本的にみんな無表情で、その無骨さがまたリアルでいい。だんだんてぶくろが膨れ上がってとうとう裂けてしまうのに、誰も「見てみぬふり」してるっぽい場面は特にいい。

    掲載日:2008/06/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「てぶくろ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが / わたしのワンピース / よるくま / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(327人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット