しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

からすたろう」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

からすたろう 作・絵:八島 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1979年05月
ISBN:9784039600400
評価スコア 4.81
評価ランキング 228
みんなの声 総数 46
「からすたろう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 90年も前の日本の小学校が舞台ですが

      初めこの作品を目にした時には、表紙の作者“やしまたろう”にピンと来ませんでした。
     二度目、もしや八島太郎では?と折り返しカバーの作者の略歴を読み、開いた作品です。
     『蟹工船』が近年再びブームになっていますが、あの拷問死した小林多喜二の友人で、彼の死顔をスケッチした八島先生でした。
     ご自分も反軍国主義の思想を貫き、1939年に渡米された事を聞き知っていました。
     
     この作品は、先生の二人の恩師の方をモデルとする教師(やしま先生)が、学校に居場所を見つけられず存在を認められていない主人公を見守り導き、彼の生活の背景を改めて同級生たちに気付かせ、さらに彼の特技を披露する機会を与えたというお話です。

      学校生活の中では伺えない生徒一人一人の家庭環境。
     それは黒板の前では必要のないことですが、教師は熟知し考慮たうえで生徒たちを導いていくことが大切であることが伝わってきます。
     学習に喜びを見いだせる子どもだけが、人として存在価値があるわけでは無い事をいそべ先生は作中で静かに周囲の生徒に伝えていきます。
     
     お話は90年も前の日本の小学校が舞台ですが、内容は現代にも見られる差別やいじめについて描かれています。
     他人を「人間」としての尊厳のまなざしを失い見つめるところから、愚かしい蔑みや先入観・偏見が生まれます。
     この世に生を受けた者は等しく存在し生きる権利のあることを大人になっても忘れない人物に育って欲しいと願ってやみません。

     人は認められ、初めてその社会(共同体)の中で、心置き無く呼吸でき生かされる存在となるのだと教えられる作品でした。

    掲載日:2010/09/06

    参考になりました
    感謝
    5
  • 心にしみること

    この絵本を読み終えたとき、息子と奥さんにしばらく静寂があった。
    その後、奥さんは「作家の強い思いが絵にこもっている」と言った。
    自分は、絵の間を埋める凝縮された言葉に強い思いを感じた。
    若い頃当たり前のようにあった、差別とか身分だとかを思い出した。

    居場所がなかった少年が、卒業の年の学芸会で演じたカラスの鳴き声で存在感を示した。
    学友は自分たちが少年にしてきたことを思い涙を流した。
    保護者達は、少年をたいしたもんだと涙を流した。
    少年はカラスの鳴き声に、自分の暮らしと、自分が小学校に通学してきた6年を表現したのである。
    素晴らしい事だと思う。
    この少年の素質を見抜いて、表現させた教師も素晴らしい。
    小学校教育はこうでなくては。
    ひとつひとつに作者の強い思いが感じられて、ひとつひとつが心にしみこんできた。

    今、6年生のクラスで、この本を読み聞かせて皆を感動させる自信はない。
    クラスの数名でも、この絵本を正面から受け止めてくれたらそれだけで良いと思う。

    心にしみる本だと思いました。

    掲載日:2009/02/02

    参考になりました
    感謝
    3
  • せつない

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子7歳、女の子5歳

    読み聞かせの講習会で取り上げられ初めてこの絵本に触れました。
    風景の挿絵がとてもきれいで、それゆえに、ひとり孤独な男の子がますます切なく感じます。
    特にいじめた訳ではない、でも、彼は孤独だったしみんなは気にも留めなかった、それは、ひとりの人間にとっては、とても大変なことです、やっぱり。
    こういうお話を読んで、いったん考えることはとても子供達にとって必要なことだと感じました。

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「からすたろう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ / めっきらもっきらどおんどん / おおきなかぶ / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット