ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。

ふきまんぶく」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ふきまんぶく 作・絵:田島 征三
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1973年4月
ISBN:9784033310107
評価スコア 3.9
評価ランキング 31,270
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 私自身、小学校2年生の時、先生が読んでくれてとても印象に残っていたので、後年、成人して買い求めました。
    夏の寝苦しい夜、青白い光の中、山に登っていくふきちゃん。上から見た目線で描かれたパノラマっぽい絵。
    ふきたちの中に座り込んで、夜露を頭にのせたふきちゃん。
    ふきのすべりだいをすべるふきちゃんはやや低い位置からの目線で描かれています。
    いろとりどりに染まった葉っぱ。冬枯れの畑。春、そわそわと山を見上げるふきちゃん。
    どのページどの絵も力強く、子どもの心にすーっと入ってきました。
    ラストの絵もこわいとか気味悪いというより、何か言葉に出来ないメッセージのようなものを感じました。
    年月を経て今、2歳の娘が本棚にこの本を見つけて、「これ読む〜」と。
    「まんぶくってなに?わたし知らないよ」などとたずねてくる小さなこの子にはまだ難しいのでは、と思いながらも読んでやると、意外にも絵に見入りながら、私のよむ言葉にしっかり聴き入っていました。
    「このほん おもしろい…」
    幼いなりに何か感じとってくれたようです。
    夢のような物語と、生命力にあふれた絵で語られるこの作品は、これから、もっと大きくなっても、何度も何度もくりかえし、手に取る1冊になると思います。

    掲載日:2010/01/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ふきまんぶく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あざやかな色彩と造形!赤ちゃん絵本の王道いないいないばあ

みんなの声(19人)

絵本の評価(3.9)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット