しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

きっとみんなよろこぶよ!」 大人が読んだ みんなの声

きっとみんなよろこぶよ! 作・絵:ピーター・スピア
訳:松川 真弓
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1987年
ISBN:9784566002685
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,283
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素敵な経験!!

    3人の子供達が両親の留守中に両親を喜ばせようと壁にペンキを。
    でも子供達のやることですからね,色々と簡単ではなく。
    私がこの両親の立場だったら,「ありゃ〜」と内心は叫んでしまうかも(笑)。
    でも何かに夢中に一生懸命になる子供達にはよい経験になったことでしょうね!
    そしてそういうことは成長の過程で大切な経験なのかも知れませんね!

    掲載日:2017/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフルな絵本を探して、これを選びました。子どもが小さいので読み聞かせはまだですが、見せたら、絵は気に入ったようです。原著のOH WERE THEY EVER HAPPY とは表紙が違います。ジェリービーンズのような色とりどりの展開に楽しくなります。

    掲載日:2016/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さんとお母さんがお出かけ
    出かける前のお母さんがお父さんに言っていた言葉が伏線なんですね

    三人の兄妹が何をしたかそれは大人には想像できない 子どもにしか解らない事のように思いました
    それにしても ペンキで大きな家をカラフルにぬる この根気は尋常ではないと思いました
    笑顔で 気持ちよさそうにペンキを塗るなんて おもしろかったでしょうね

    お父さんお母さんはどんな顔するかは お楽しみですが!

    子ども達の誇らしげな顔
    近所の人の反応 みんなが見ているのがおもしろい

    それにしても カラフルなお家になりましたね

    足跡もえがきかたがおもしろい

    タイトル「きっと みんな よろこぶよ!」    そうなるといいね〜

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい内容です!

    私はどちらかというと
    あまり翻訳物を選ばないのですが、
    読んでみてビックリしました。
    外国の大きなお家と広いお庭。
    留守番中に子供たちで
    いえの塗り替えをしようとする。
    お父さんがなかなかしてくれない、
    車庫や物置にものすごくたくさんの
    ペンキがあるという設定も驚きです。
    子供たちが一生懸命考えて
    一生懸命ペンキを塗って。。
    そして後片付けからゴミ捨てまで
    とりあえずやっている。
    結果は驚きの仕上がりですが!!
    そして両親はどう反応するかは
    描かれていません。
    私ならどうするだろう。。
    大人も子供も思ったことを
    話し合ったら いろんな意見が出てくるような気がします。
    私はひとりで読みましたが
    子供さんのいろんな感想を聞いてみたいと思いました。

    掲載日:2016/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • HAPPY!?

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子18歳

    『OHWERE THEY EVER HAPPY!』が原題。
    なかなか奥が深いです。
    表紙から、その気配がしています。
    土曜日、両親の外出中、留守番を頼まれた子どもたち3人。
    運良く?シッターさんも来なかったので、子どもたちは言いつけられた用事を済ませた後、
    いいこと!を思いつくわけです。
    家の塗り替えは、お父さんがお母さんに頼まれていたのに放置していた仕事なのです。
    しかも、材料や道具もあるではありませんか。
    かくして子どもたちはてんでにペンキ塗りを始めます。
    ペットの犬も猫もご相伴。
    もちろん、刷毛を洗ったりの後片付けも万全!
    まあ、百聞は一見に如かず。
    その有様をとくとご覧くださいね。
    絵本ならではの迫力があります。
    子どもたちには受けそうです。
    ぜひ、子どもたちと盛り上がりたいです。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • やってみたい!

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    この絵本を素直に楽しめるのはきっと子どもだけでしょう。
    大人はついつい、どうなるんだろうと心配になってしまいます。
    両親にどんなに叱られるのかとか。。

    家がだんだんと塗られていく様子を丁寧に描いているので、子どもは自分も一緒に体験している気持ちになれます。
    家だけでなく、子どもたちも、イヌもネコも、ペンキだらけになります。
    読んでいる子どもも、この中に入り込んでいくでしょう。
    ペンキ塗りの醍醐味と達成感を味わえます。
    最後の「ええ、ええ、よろこぶことでしょうよ!」に大人は苦笑いですね。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • あらららら。

    まずお父さんがお母さんに怒られそう・・・
    子供たちが言いつけを守っていることも帳消しだろうな。
    みんなとっても楽しそうなので、もしかしたら意外にキレイな家に
    なっていたりして・・・と思ったのですが。
    (というより思いたかったのかも)
    大人と子供の間のふかーい溝を感じた楽しい絵本でした。

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きっとみんなよろこぶよ!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おおきなかぶ / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


母であることのすべてがつまった、一生の宝物になる絵本

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット