だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

おおきな きが ほしい」 大人が読んだ みんなの声

おおきな きが ほしい 作:佐藤 さとる
絵:村上 勉
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1971年01月
ISBN:9784033301501
評価スコア 4.83
評価ランキング 130
みんなの声 総数 136
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まさに木がほしくなる絵本

    大きな木がほしいと思うかおるくん。
    大きな木があったら、はしごをかけて、上に部屋を作って…
    春になったら、夏になったら…と想像は尽きません。
    お話は少し長めですが、想像の世界に入るとちっとも長く感じません。
    これを読むと、ほんとに大きな木がほしくなります。
    1本の木でこんなに想像が広がっていくのが楽しいです。ストーリーのラストも子どもに希望をもたせる感じで素敵だなと思いました。
    おすすめの1冊です。

    掲載日:2016/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分の木

    • かなおママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子2歳、男の子0歳、

    この絵本も子どもの頃大好きだった絵本です。
    想像するのも大好きだったので、自分の大きな木を思い描いていました


    子どものころは、かおるくんの焼いていたホットケーキにも憧れたものです。
    自分ならこうするなぁなど、読む人の想像力を掻き立ててくれる素敵な絵本だと思います。読み終えた後、きっとかおるくんのように自分の木を描いてみたくなるでしょう。

    男の子、女の子問わずおすすめです。

    掲載日:2012/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 台所の前の張り出した屋根(軒)が好き

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    「大きな木がほしい」はいつ読んでも素敵なお話ですが、私は読み手としてやっぱり新緑の季節に読みたく
    なります。
    子どもの頃から大好きな作品ですが、近いうちにお話会で使いたいなと思って、本当に久しぶりに読み直し
    ました。
    何度読んでもいくつになっても、やっぱりこの作品の世界は素敵だな〜と思いました。
    とても40年以上も前に作られた作品とは思えません。

    佐藤悟さんの夢のような《大きな木》の話に、佐藤さんとのコンビも長い村上勉さんの挿絵とで、素晴らしい
    コラボを魅せてくれています。

    この、大きな木にかけられた梯子も素敵ですが、
    ぼくに部屋の台所の前にいい感じに張り出している黄色と白(少し奥にピンクと赤の縞々のもあります)の
    出窓のような屋根(軒?)が、子どもの頃から私のお気に入りのアイテムです。

    少々文章は長めですが、とても夢のある素敵なお話なので、聞き手はそんなに長いものとは感じないんじゃ
    ないでしょうか?4,5歳くらいから小学校中学年くらいまでお薦めです。

    掲載日:2012/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秘密基地

    大きな木の上に、主人公かおるの小屋を作って、そこでホットケーキを

    作る生活がいいなあって思いました。次々に想像が膨らんで現実になっ

    たら素敵です。まるで、かおるの秘密基地ですね!  日曜日に、おと

    うさんとかおるが大きくなる木を植えたのが、おとうさんだってかおる

    のようにいつまでも夢だってみるんだと思いました。素敵な絵本です。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいなぁ、わたしもほしいよ。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    大きな、大きな木があるといいなと思ったかおるは、登っても危なくないいろいろな工夫をした、素敵な木を考えました。
    うーんと太くて、かおるがひとりで手をまわしたくらいでは抱えられないような太い木です。まずは、一番下の枝まで、ぐらぐらしないように枝にしっかり縛り付けたはしごをかけます。

    どんどん夢は大きく、そして高くなっていきます。
    季節ごとの楽しみもしっかり描かれ、高さが感じられるように、本の向きにも工夫がされています。
    たくさんの動物たちに囲まれ、色々な植物とともに生活している様子、想像とはいえ、とてもうらやましく感じてしまいました。
    いつの日か、実現する日がくるといいなと思います。

    掲載日:2009/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 村上勉さん

    村上勉さんの作品だったのでこの絵本を選びました。私が生まれる前から存在し、私自身が子供の頃にも読み、こうして大人になってからも色褪せない絵本というのは本当に素晴らしいと思います。大きな木の存在感と主人公が木と友達のように労わり愛でながら関わっている姿に感動しました。木の独特の心地良い香りが漂ってきそうな村上さんの絵に魅せられました。主人公の作るホットケーキが素晴らしく美味しそうなので食べたくなってしまいました。

    掲載日:2008/12/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おおきな きが ほしい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット