だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ロージーのおさんぽ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ロージーのおさんぽ 作・絵:パット・ハッチンス
訳:渡辺 茂男
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1975年08月
ISBN:9784032022100
評価スコア 4.53
評価ランキング 4,908
みんなの声 総数 74
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かわいそうなきつねくん!

    この絵本は、文字がとても少なくて、単純な内容なのですが、
    字のないページがいい感じの絵本です!!
    字のない部分は、めんどりをおいかけているきつねが、失敗を
    しているシーンなのですが、娘は、笑って、その部分の効果音を
    適当につけて、喜んでいます♪
    不思議なタッチの絵にもはまります!!

    掲載日:2015/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロージーときつね

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    めんどりのロージーがお散歩をしています。
    そのうしろを追いかけるキツネの姿が…!
    キツネはロージーを狙っていますが失敗ばかり。その失敗の描写が絵のみで文章では語られていません。娘に読みながらキツネに注目しつつ読みました。
    …ロージーも気づかないものですねー。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 運のよさがうらやましい

    ロージーの運のよさが、とてもうらやましいです。
    散歩中に、きつねに追いかけられているのに気づかない時点で、普通なら一大事なのに、ロージーがなにもしていないのに、きつねにはつぎつぎと災難がふりかかり、結果、ロージーはきつねに気づかないまま、無事家まで帰るのです。
    本当に、ロージーの能天気さにあきれるやら、運のよさがうらやましいやら、きつねが不憫だは・・・笑

    掲載日:2014/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵を読む絵本

    娘の3歳の誕生日にプレゼントしてもらった思い出の1冊。絵を「読んで」楽しむ素敵な絵本です。
    にわとりのロージーがお散歩にでかけました。するとロージーの後ろからキツネがついてきて、どうやらロージーを食べようと狙っている様子。でもロージーはキツネに気づかず、のんきにすたこらとお散歩しています。キツネは次々と思わぬ災難にみまわれ、ハチの大群に追われ、とうとうロージーを捕まえることができませんでした。
    子どもに絵本を読んでいると、ついつい字を追ってしまって、絵を楽しむことを忘れがちです。でもこの本はゆっくり絵を見ないとその面白さがわからないので、一度読むだけではその魅力が分からず、読めば読むほど好きになるという本でした。子どもたちはすぐにこの絵本の魅力に気がついた様子。「絵を読む」のは、きっとちいさい子の方が上手なんでしょうね。以降、何度も一人で開いて楽しんでいます。

    掲載日:2012/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • とにかく絵が素敵!黄色と朱色を基調に細かいところも丁寧に描かれていて絵の風景の中に引き込まれます。
    息子も今までになかった色彩に吸い込まれるように,そしてキツネの表情にわくわくしながら見ていました。
    あまりにもシンプルな文章がさらに絵をたっぷりと見せてくれます。

    図書館でページをめくった瞬間に欲しくてたまらなくなり購入したお気に入りの絵本です。
    いつまでも飽きることなく楽しめるお勧めの一冊です。

    掲載日:2010/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの子供にはイマイチでした…

    親戚からお勧めの絵本と紹介されたので購入。
    独特の絵の雰囲気もかわいく、楽しみに読み始めたのですが…。

    絵の動きがイマイチ娘には伝わらないようです。色彩も同系色のみというのもあるかもしれません。文章が少ないかわりに、私がいろいろと説明したり、娘に質問してみたりと会話はできますが、話の展開をイマイチ理解できない娘のリアクションは薄いです。もう少し大きくなってから再度チャレンジの予定です。

    掲載日:2010/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思わずわらっちゃう!

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    ハッチンスの古い絵本ですが、いつ読んでもおもしろいですね。

    めんどりのロージーが散歩に出かけて、小屋に帰ってくるまでのお話です。

    ただ・・ロージーの後ろにはロージーを狙っているきつねがいる!のが
    大事なんです。


    ロージーを目で追いながらきつねを目で追う子どもたち・・・きつねの
    残念な姿に大笑いです。

    ロージーが小屋に帰っておしまい!なのに・・・もう1回と、またロージーのお散歩が始まってしまういつまでもおわらない楽しいお話です。

    掲載日:2009/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 観察力が身につきそう

    文章はめんどりのロージーの動きを追うだけ。
    でも、注目してほしいのはキツネの動き。
    だから読み聞かせのときにちょっと難しいなと感じました。
    でも、何度か読むうちに絵全体を見れるようになったのか、キツネが災難にあうたびに娘はケラケラと笑っています。
    文章が少ない分、こんなところにねずみが・・・、ここにはカエルが・・・と、隅々まで観察する力が身につきそうです。

    小さい子から大人まで楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2008/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ロージーのおさんぽ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(74人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット