ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ロージーのおさんぽ」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ロージーのおさんぽ 作・絵:パット・ハッチンス
訳:渡辺 茂男
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1975年08月
ISBN:9784032022100
評価スコア 4.53
評価ランキング 4,912
みんなの声 総数 74
「ロージーのおさんぽ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 痛快!

    4歳の長女に読みました。
    実は最初に読んだのは英語版なのでした。
    日本語版が出ているとは知りませんでした!

    日本語版も内容は同じですが、やはり日本語の方がすーっと入ってきますね。
    飄々とした鶏と必死で追いかけるきつね。その対比がおかしくておかしくて。
    最後はとても痛快!!!子どもたちも笑っていました。

    掲載日:2016/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 段々面白くなってくる

    初めてこの絵本を読んであげた時は、ポカンとした顔をしていた子供達。ならば、と思い「きつねさんがロージーを食べちゃおうと狙ってるよ。ほら、ジャンプした!…と思ったらドーン!」等々お話しながら読むと、理解出来たようで大爆笑。それからは毎日のように「ロージー読んで!」と言ってきます。見返しにはロージーがお散歩するルートが描かれているので「ここの池に落ちちゃうんだよね」「あ、ハチさんのおうちだ」と探すのも楽しいようです。

    掲載日:2015/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が語る。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳

    子どもは、絵本のお話しを聞きながら絵を隅々までじっくりと見ています。
    ですから、絵の中にある小さい変化をすぐに見つだします。
    そうして、絵本を楽しむのです。

    めんどりのロージーが散歩をしています。

    それだけのお話しです。
    でも、よく見てください。きつねがいるんです。
    きつねの説明は一切ありません。
    絵を見て理解して、楽しむえほんなんです。

    子ども達が、きつねとめんどりの関係さえしっかり理解していれば、
    自ずとこのえほんの面白さがわかってきます。

    ロージーは、まったくきつねに気がつきませんが、
    きつねの存在を知っている子ども達は、きっとドキドキして
    お話しを聞くことでしょう。
    そして、きつねに襲い掛かる様々なハプニングは、
    子ども達の笑いを誘うに違いありません。

    このサイトに投稿する前に読んだ記憶があります。
    たぶん、娘が4歳のころに読んだでしょうか。
    私も娘と一緒に楽しんだように思います。

    掲載日:2009/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい味出しています!!

    • みぽみぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子13歳、女の子9歳、女の子4歳

    ただただ お散歩しているだけの ロージーの周りで起こる出来事が淡々と描かれている絵本です。

    肝心のロージーが全然気がつかないのに
    ロージーを狙ったキツネに起こる出来事が、本当におかしいです♪
    文字で、文章で説明がないぶん、それだけ子どもにはじっくり絵本の世界を自分の眼と感覚で存分に楽しんでいるように見えます。
    やはり舞台が外国の農場・・・なので身近に見ることのないので余計にコミカルに娘には受け取れるようで、いつもとっても楽しそうに笑っています。
    愉快で楽しいロージーの世界を
    ・・・というか 影の主役キツネの世界を
    娘と一緒に楽しくケラケラ笑いながら、笑顔で楽しむことのできる素敵な絵本だと思います。
    母もモチロン大好きです。

    掲載日:2008/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の音が聞こえる本

    どこに行っても、目にする本だったので読んでみたらはまりました。
    子どもももちろんはまったけど、私がはまってしまいました。

    字がある本も読みがいがあるけど、字がない分子どもと共感して音を心で聞くゆとりがあるのもとってもいいもの。

    目を閉じて、ロージーを想像するといろんな音が聞こえてくるのです。
    子どもと、ここはどんな音が聞こえてくる?とお互いの音を比べてみたりと、楽しみ方はさまざま。

    きつねが何も出来ずに、退散していくところ、ロージーが胸を張って帰っていくとこがなんとも言えずおもしろいです。

    それにしてもきつねはいつも悪者ですね。。。

    掲載日:2008/08/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ロージーのおさんぽ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(74人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット