ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

ロージーのおさんぽ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ロージーのおさんぽ 作・絵:パット・ハッチンス
訳:渡辺 茂男
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1975年08月
ISBN:9784032022100
評価スコア 4.53
評価ランキング 4,908
みんなの声 総数 74
「ロージーのおさんぽ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 母はクスクス

    6歳の息子と3歳の娘に読みました。
    明るくユーモアのある表紙で、子どもも何度も読み返しました。
    そらとぼけためんどりと、後ろをついていくきつねが対照的で、母の私はいつもクスクス。私が笑うと子供達も楽しくなるのかゲラゲラ。
    シンプルで親子で楽しめる一冊です。

    掲載日:2016/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんて愛らしい!!

    • まゆしおんさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子8歳、男の子6歳

    なんてかわいい名前のロージー、それはにわとりさんでした。
    何食わぬ顔で散歩し続ける、わが道を行く・・・ように歩き続ける
    ロージー、マイペースだけど、たくましい!?精神がまた愛らしい!
    また読みたくなりました。

    掲載日:2010/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一寸先は・・

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、女の子6歳

    めんどりのロージーが散歩に出かけると
    後ろからついてくる嫌な影(きつね)。
    つけて行くと全部裏目に出て
    最後には蜂にまで襲われちゃうんです。
    まさに一寸先は何が起こるかわからない!

    それでも懲りないきつねにも脱帽ですが
    ロージーの何にも感じていない優雅な歩き方に
    笑えてしまいました。

    掲載日:2009/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度も幸せになれそう

    絵を読む絵本ですね。
    マイペースなニワトリと、翻弄されるキツネがおもしろく、あんまり踏んだり蹴ったりなキツネにブハッと吹き出す場面も。
    娘も吹きだしたりニヤニヤしたり、頭の中でいろいろ想像しながら聞いているのがわかりました。
    多くを語るのは難しいのだけど、心にわきあがる楽しさは本物。何度も繰り返し開く絵本だと思います。
    きっとその度に、うぷぷぷぷぷって幸福感に満たされると思いますよ。

    うちは7歳間近になって読みましたが、2〜3歳からじゅうぶん楽しめますね。

    掲載日:2009/02/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ロージーのおさんぽ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(74人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット