雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…

わんわん わんわん」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

わんわん わんわん 作・絵:高畠 純
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1993年
ISBN:9784652040096
評価スコア 4.43
評価ランキング 7,901
みんなの声 総数 93
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こういった絵本、いいですね!

    左のページに動物の鳴き声、右のページに動物の絵といった感じで、『鳴き声』と『動物の絵』がそれぞれのページの同じ位置に示されています。それを見て、おもしろい〜と思いました。

    息子に「わんわん言うのはどれ〜?」と聞いて、それを指してもらい、「これが犬だよ」と教えてあげて、勉強になっていると思います。だんだんページが進むにつれて、動物の数も増えていくので、頭を使うのかな〜って思います。

    イラストも色使いがかわいらしく、大人が見ても楽しめる絵本になっていると思います。

    掲載日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 娘と一緒に大合唱☆ 受賞レビュー

    2歳10か月の娘と一緒に読みました☆
    表紙のわんわんから始まり、どんどんいろんな動物さんが愉快に登場してくるのですが
    「ママのばん!」「○ちゃんのばん!」とじゅんばんこに鳴き声まねっこ!
    わんわん わんわん
    ニャーゴ!ンモー!
    読み続けるとどんどんおかしくなってきて
    読む声も、笑声も大きくなっていきます♪
    娘は一番、めへーめへーがお気に入りのようです☆

    文字も読みやすく、くりかえしのものが多いのでわかりやすく
    小さなお子さんからたくさん楽しめると思います!
    娘も一人で文字をたどりながら読んでいました♪
    くすくすえほんというとおり、笑わずにはいられない
    皆で楽しめるとびきりの絵本です☆

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • なきごえにぎやか 受賞レビュー

    犬をみてわんわんというようになった子どもによんでみました。犬、猫、ウシ、とどんどん動物がふえていき 色んな鳴き声でいっぱいに。本物の動物のなきまねをしてみたり、低い声でよんでみたり、いろいろかえてみると更に楽しくなりました。シンプルな内容なので小さい子にぴったり。わんわん以外にも いろいろな動物に興味をもつようになりそうです。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と一緒に読みました。シンプルな絵が可愛いです。動物の鳴き声の本。0歳から読んでも楽しいし、どれも知っている2歳の娘も楽しく読んでいました。親子で一緒に鳴き真似しながら楽しく読める1冊だと思います。

    掲載日:2011/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • びっくり!

    図書館で、あまりじっくり読まずに借りてきた絵本。
    高畠さんらしいなあと思いながら、ページをめくるにつれ・・・
    こんな絵本があるんだ!って感じでびっくり☆

    子どもは喜び、ママは息切れ・・・
    楽しいけれど、結構体力のいる絵本です(笑)

    うちの娘も、やっぱり「んもー」がいいみたい☆

    掲載日:2011/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • アイババさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    動物の鳴き声が楽しい本です。孫が0歳のころはよく読みました。絵もシンプルで可愛いです。0歳からお勧めの本です。今はもう2歳になったので、かなり本物に近い感じで鳴き真似してくれます。時々一緒に動物の鳴き声をして楽しんでいます。

    掲載日:2010/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • もっと早く読めば良かった

    赤ちゃん向けの絵本でしたが、2歳の息子と一緒に読みました。

    息子はもう簡単なストーリーを楽しむようになっているので、ちょっと遅かった気がしました。もっと早く読めば良かったです。一つ一つの動物を指差しながら、鳴きまねをして教えてくれました。それでも、ぞうの鼻だけではなかなか「プオーン」が出て来なくて、簡単過ぎるというわけでもなかったです。

    文字の大きさによって声の大きさを変えたらよいようで、最初に出会う絵本によさそうです。

    掲載日:2010/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • とってもシンプル

    てっきり犬のお話だと思っていましたが、最初から最後まで動物の鳴き声だけでした。
    でもシンプルなんですが、子供と泣き声を真似したりして楽しく読めた本でした。
    ぞうさんが出てきた時は、動物たちの鳴き声も小さくなっている(字も)ところがまた良かったです。

    掲載日:2010/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • いっしょに鳴こう!

    • YUKKEさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子9歳、女の子2歳

    親子で楽しめる楽しい本を
    またみつけてしまいました。
    内容は・・・ただただ動物たちが鳴いているだけ。
    だから読み手(ママ)も聞き手(子ども)も
    まねして鳴くだけ。それが楽しい。
    言葉を覚え始めた2歳前後のおちびさんたちには
    こんな単純な動物絵本が楽しくて仕方ない。
    泣いてる子も、この絵本で一緒に鳴けば
    たちまち笑顔になっちゃいます!

    掲載日:2009/09/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「わんわん わんわん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ぐりとぐら / はじめてのおつかい / やさいのおなか / もけらもけら / だいじょうぶだいじょうぶ / ちびゴリラのちびちび / どうぞのいす / キャベツくん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(93人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット