なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

わんわん わんわん」 大人が読んだ みんなの声

わんわん わんわん 作・絵:高畠 純
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1993年
ISBN:9784652040096
評価スコア 4.43
評価ランキング 7,904
みんなの声 総数 93
「わんわん わんわん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 私好みです!

    とっても残念! ウチの子が小さい時に読み聞かせをしていましたが、この本には出会うことがありませんでした。動物の鳴き声だけで、絵本が1冊できちゃうなんて、すごいです。 また、動物がどんどん増えていっちゃうところとか、それも日本人の子どもだったらその擬声語を知ってるべき実に身近な動物たちが登場するのも、実に感がられているなぁと感心してしまいました。でも、何よりも感心なのが、どのページにも動物は前のページと同じ場所にはいなくて、見開きの片面に色々な位置に配置されている動物と同じ場所の反対側の見開きに、動物の鳴き声が書かれているところもすごいなぁと思いました。まだ言葉も覚えていない小さな子には、とても楽しい絵本ではないでしょうか? ああ、ウチの子が小さかった時に出会いたかったです。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大きな声を出したくなる

    シンプルな絵と、それぞれの動物の鳴き声だけのはずが、ついついのめりこんでしまう魅力を感じます。
    動物の登場、そして鳴き声…
    でも、その位置や表情を見ていくと、ストーリーを感じます。
    そして、思わず、声に出して読みたくなる。声の調子を微妙に変えながら、その気持ちになって…
    楽しむ要素満載の、なかなか濃い内容が詰まった絵本だと思います。

    掲載日:2016/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとに

    あれ!?
    左ページのなき声と、右ページの動物たちが、おんなじ位置!
    文字の大きさで、声の大きさまでわかります。
    なき声を読んだだけなのに、どうぶつ語の通訳になれた気分でした。

    動物たちの白、黒、ピンクがシンプルで
    バックの色がとてもきれいに映ります。
    1羽と5頭が勢ぞろいでなくページは
    バックの色も色とりどりで、にぎやか、にぎやか。

    めへーめへー
    やぎさんのとぼけた表情と
    力の抜けたなき声に思わずクスッ。

    ぞうさんが向こうからやってきて一同「ん!?」
    でっかい「プオーン」を見送るまで無言。
    その後、なき声爆発、大騒ぎ…にもクスクスッ。

    「くすくすえほん」って、ほんとだなぁ。
    「くすくす」えほんを楽しんだチビッ子ちゃんはきっと
    「すくすく」育つんだろうな。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • お話を考えながら…

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子19歳、女の子14歳

    動物の鳴き声が出てくるだけで、これといったストーリーはありませんが、ページをめくり読みすすめると、色々と想像をすることができます。
    まず表紙の絵で、犬さんが誰かを呼んでいるのかなあと思いました。
    ヤギさんまで出揃って、好き勝手に言いたい放題で鳴いていたのに、突然、同じ方向を向き、みんな声が小さくなってしまいます。
    そこへ現れたのは……
    私は、このあたりが面白かったです。
    自分でお話を考えながら読むと、さらに楽しい絵本だと思いました。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鳴き声だけ!

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    全ページためしよみで読みました。

    動物の鳴き声だけで絵本が出来ることにびっくりしました。
    登場する動物達も子供に馴染みのある動物ばかりで赤ちゃんが読むのにぴったりだと思いました。
    うちの子達はこの絵本を見たらどんな反応をするのか気になります。今度、読んでみようと思います。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鳴き声が楽しい

    いろんな動物たちの鳴き声が楽しい絵本です。

    最初は犬が一匹、「わんわん わんわん」。
    この犬が鳴いてるんだな、と小さな子にも分かるように描かれています。
    ページをめくるたびに、動物だちが一匹ずつ増えていき、またその泣き声の配置も左右で同じになっているので、どの動物の鳴き声かも分かりやすいですね。

    鳴き声の文字も、大きな声のものは大きく、小さな声のものは小さく書かれていて、ページをめくるごとに色んな動きをしているのがなんとも楽しい!

    そして、途中で「えっ!」と驚く動物もやってきます。
    絵と音だけで、しっかり起承転結が描かれている。スゴイです!

    シンプルですが、カラフルで楽しい、とてもにぎやかな絵本です(^^)

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物の大合唱

    一匹の犬がワンワン吠えて鳴いたとき、ネコがニャーニャーと返事をするように鳴いたり、ブタやウシやヤギやニワトリまでおもしろそうだと駆けつけるように鳴いていたり、まるで動物の大合唱のようでした。楽しめる絵本ですね。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい

    文は、動物の鳴き声だけですが、それが、なんだかおもしろい。
    気がつけば、絵と文をみくらべて、声にだして読んでしまいます。
    他にない新鮮な感じの赤ちゃん絵本です。読みきかせる大人も楽しめそうなので、出産祝いとかにも贈りたいと思います。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  •  タイトルの上に小さく、「くすくすえほん」と書いてあるのが気になりました。「なに、これ?」って・・・。読み終えて、動物とその鳴き声に終始した絵本に、ぽかんとしている私に、作者の高畠さんが「くすくす」と笑っているような気がしましたが、気のせいかしら?

     そして、「これは、動物語で書かれた絵本なのだ」と気がつき、頭の中で訳しながら再読。

     「ねーねー、だれか、あそぼ」
     「オッケー」
     「ぼくも いれて」

     訳は、読むたびに変わります!(笑)

     象とゴリラがやってきた時の、動物たちのポカンとした感じ。そして、通り過ぎたあとの はしゃぎっぷりが楽しいです。

     「みた!?」
     「からだも、こえも でっかいねー」
     「まけちゃ いられないそ〜!」

     みんなのテンションが、どんどん上がっていきます!

     単純な絵から、動物たちの個性や感情が伝わってきました。単純だからこそ、赤ちゃんに愛され、20年も読み継がれてきたのでしょう。すごいなぁ。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何て言ってるの?

    動物が一匹ずつ鳴きながら登場します。
    ページをめくるごとに種類が増え、やがて大合唱に。
    最初はあっちこっち好きな方向を向いていて、お互いまるで関係ない感じなのですが、途中で犬が先頭になり、他の動物たちが後をついていっているような形に。
    するとそこへ大迫力のゾウとゴリラが現れて、みんな目が点、口をあんぐり、し〜ん・・・
    これまで字のみだった左ページまでをも悠々と闊歩するゾウとゴリラの登場で、読み手の視界もグッと広がります。
    そして再び大合唱。
    前半ただの鳴き声としか感じなかったものが、急に言葉として感じられるから不思議!
    「この動物さんたち、何て言ってると思う?」と親子で話し合うのも楽しそうです。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「わんわん わんわん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ぐりとぐら / はじめてのおつかい / やさいのおなか / もけらもけら / だいじょうぶだいじょうぶ / ちびゴリラのちびちび / どうぞのいす / キャベツくん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(93人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット