おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ありのあちち」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

ありのあちち 作・絵:土橋 とし子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1998年06月
ISBN:9784834015379
評価スコア 4.11
評価ランキング 17,667
みんなの声 総数 63
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ガスレンジのそばによっては危ないよ

    アリさんが家の中を色々と探検する話。バナナを滑り台として滑っているシーンは息子も滑り台が大好きなの臨場感を味わえるるので笑っている。せんべいは息子が好きなお菓子なので「ゲーゲー」と吐いている所は説明しづらかった。まずくないものを話の中でもイヤなイメージがつくので書かなくても良かったのではと思う。

    ガスレンジは赤ちゃんのときからこっちは危ないと教え続けても、気になるのと料理中によってくるので危ない。0歳では全然わらないけど1歳後半は危ないと絵本でも教えられることができたので良かった。
    なかなか危ないという物語は赤ちゃんの絵本では無いので。

    掲載日:2014/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • やけどに気をつけて

    ページが分厚い絵本なので、未満児でも、破る心配なく読めて、いいと思います。
    アリさんが、キッチンで大冒険をします。いろいろなものに興味があるアリさん。
    でも、好奇心だけでは危ない!!!ヤカンでやけどをしてしまい、手が真っ赤にはれてしまうアリさんでした。
    好奇心いっぱいの子どもにも、通じるところがあるかなー。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好奇心の末に・・・

    何気なく図書館で手に取って読んだところ
    息子のツボにはまったようです。

    「なんだかおいしいものがありそうだ」と
    好奇心いっぱいに机を登ってきたあり。
    バナナで遊んだりつまみ食いする様子が
    ユーモラスに描かれています。

    自分の手が届かない机の上やコンロ。
    新しい物を目にした時口に入れてみたい、
    とにかくさわりたいと思う気持ち。
    興味とそんな息子の欲求を満たしてくれるようで
    エンドレスにせがまれます。
    食べてみたら、まずかったという「げーげーげー」、
    触ろうとしたら危ないものだったという「あっちっちー」、
    そんな失敗が教訓ぽくなく反応そのままに描かれているのも
    魅力なのかもしれませんね。

    絵もわかりやすくはっきりしているので、
    1歳前から読んでもよさそうな楽しい絵本です。

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「あちち」を体感

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    小さい子向けのおはなし会用にセレクト。
    少しわかりにくい題名ですが、好奇心いっぱいのありが台所を探検、といったところでしょうか。
    バナナやおせんべい、ビスケット。
    遊んだりなめたり、の行動が子どもたちの様子とよく似ていますね。
    後半の展開がメイン。
    湯が沸いたヤカンを触って「あっちっちー」なんですね。
    手(?)が真っ赤で痛々しいですが、視覚的にも危険ということを実感できそうな気がします。
    そうそう、危険なことを教えるのは小さい子には案外難しいもの。
    だからこそ、この絵本で「あちち」の概念を教えてあげるのもいいかもしれませんね。    

    掲載日:2010/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • アリがヤケド!

    おうちの中でありさんが興味津々 いろいろ気になるみたいです。
    テーブルの上にあるバナナを滑り台にしたり 食べ物をつまみ食いしたり。でも失敗もします。おせんべいはお口にあわず 戻してしまい やかんに触ってやけどしたり。主人公はありさんですが こういうのって小さい子にあてはまりそうですよね。純粋に楽しむ娘とはうらはらに気をつけなくちゃ・・・と思った作品でした。 

    掲載日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • あちち!

    ありさんの台所での冒険を描いた本。ありが視点なので面白いです。普段から触って熱いものには十分に気をつけて「あちちだよー」と教えているのでこの本でありさんがやけどして「あちちー」なところも理解している様子で苦い顔をします。台所、危険がいっぱいなので気をつけたいですね。

    掲載日:2010/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • おせんべいも美味しいよ

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    ありさんがテーブルを登っていくと、おいしそうなものがたくさん。
    食いしん坊の娘は、まずこのページで目が釘付けになりました。
    だってバナナにおせんべいにビスケット。全部好きなものばかりです。
    幸せそうにビスケットを食べるありさんと一緒に、娘も「あむあむ」と幸せそうに食べる真似。
    でもありさん、しゅーしゅー湯気を立てるやかんに近づいて・・・。
    最後は真顔になって読み終わりました。
    熱いものを触っちゃだめって分かってくれたかな?
    おせんべいも美味しく食べてくれたらもっと良かったのに、ということで☆3つです。

    掲載日:2010/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • あちちにきをつけて

    子どもが台所でぜひともやってみたいであろうことをユーモラスなありさんが次々にやってくれます。子どもの好奇心を大いにくすぐる作品だと思います。

    テーブルの上のバナナをすべり台のようにすべり、せんべいやビスケットの味見をし、最後は沸騰しているやかんに!!
    「あちち」と大急ぎで逃げ出したありさんは、裏表紙では包帯でぐるぐるに巻いた手を見せながら「またね」とでもいうように笑っていました。

    最近公園で一人ですべり台がすべれるようになった1歳の娘には、バナナのすべり台がとて魅力的に見えているようです。
    また、辛いせんべいを食べて「げー、げー、げー」と吐いている様子に爆笑していました。
    「しゅうしゅういうのはもういやだ」と逃げ出すありさんと一緒に自分も「にげろにげろ」とぐるぐる回っていました。
    くれぐれもやかんには手を出さないでね・・・。

    掲載日:2009/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好奇心

    好奇心旺盛な、冒険好きな蟻を絵描いた絵本です。バナナを滑り台にしているところは、おもしろいと思いました。蟻の嬉しそうな顔がよかったです。おせんべいをたべる時に長い舌を出しているところもおもしろかったです。湯気のたっているやかんで火傷をしたのはかわいそうですが、読んでいる人には忠告になってよかったです。真っ赤になった手がとても印象深いです。やっぱり涙を流している蟻さんに気の毒になりました。裏表紙のぐるぐるに包帯を巻いた蟻さんにほっとしました。

    掲載日:2008/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • あちちに気をつけて

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子8歳、女の子6歳、女の子1歳

     うちの子はみんなお気に入りになりました。
    「あちち あちち」
    と言って本を持ってきます。
     娘も人のすることをすごくよく観察していて、危険なことも多くなってきました。
     我が家でヤカンはあまり使わないけど「あちち」はたくさんあります。1歳半から2歳は「あちち」がぴったりする年齢だと思います。

    掲載日:2008/11/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ありのあちち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おおきなかぶ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(63人)

絵本の評価(4.11)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット