庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ありのあちち」 大人が読んだ みんなの声

ありのあちち 作・絵:土橋 とし子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1998年06月
ISBN:9784834015379
評価スコア 4.11
評価ランキング 17,667
みんなの声 総数 63
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 気をつけて!

    一匹のありさんがいい匂いにつられて、台所にやってきました。

    バナナの上に寝転がって遊んだり、せんべいやビスケットを味見したり…と、好奇心いっぱいです!

    しゅうしゅうなるのはなんだろう?と、やかんに触れると

    あっちっちー!!

    あらら可哀想…と思ったけど、裏表紙に注目!
    手に包帯をぐるぐる巻いて、とっても嬉しそうな表情のありさんを見て、つい笑っちゃいました!

    好奇心もほどほどにね!ありさん!

    掲載日:2014/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好奇心

    台所にやってきたありのお話です。

    好奇心なありは、バナナの滑り台で遊んだり、お菓子をつまみ食いします。
    煎餅を食べた後、吐くシーンが描かれているのが、ちょっと退いてしましました。
    子どもの絵本でも、こういったシーンは描かなくてもいいのでは?と思ってしまいました。

    あまり子ども達には読み聞かせたくない絵本でした。

    掲載日:2008/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 主人公のありの視点から見た世界を知る事が出来て良かったです。蟻はしょっぱい物は苦手という事を知らなかったのでこの絵本に教えてもらい勉強できました。私達からしたら食べる物でも主人公は遊び道具にしてしまうところに驚きました。色々な使い方が出来るのだと感心しました。主人公は好奇心旺盛で色々試してみる所が素敵でした。試行錯誤してこそ学べる事を主人公は教えてくれた気がしました。この絵本を読んだ後は色々な事にもっと興味が湧くと思いました。

    掲載日:2008/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ありのあちち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おおきなかぶ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(63人)

絵本の評価(4.11)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット