しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。

ぼくのぼうけん」 大人が読んだ みんなの声

ぼくのぼうけん 作・絵:なかの ひろたか
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2000年11月25日
ISBN:9784834017243
評価スコア 4.73
評価ランキング 1,002
みんなの声 総数 14
「ぼくのぼうけん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぼくが書いた 絵 ふね  「ふねに乗って冒険するんだ」 

    ここからはお父さんとぼくの冒険のはじまり 想像力も広がり、ふねがしずんでも つぎに展開するところが なかなか 子どもの発想のおもしろさと 粘りのあるこだな〜と思いました
    困ったとき 困ったことを 乗り越える強さや 粘りがいいですね!

    すぐに、諦めない! ここが この絵本の良いところですね

    たこが墨を吐いて たこが空とんで・・・
    上陸したところで おばけ    わ〜 大変と思ったけれど

    なんと おばけの だるま落としとは すごい! 発想と 男の子の 知恵 粘りがすごい!
    だるまおとしの おばけの顔が なんとも おもしろい
    なつかしいな〜   だるま落としは よく遊んだな〜

    お土産のだるま落としは 楽しい遊びで おもちゃでした

    どうぶつの しまへ わ〜い お話しが やっと 落ち着いたら
    お父さんの膝の上で ねんね
    こどもらしいかわいさ   お父さんも 子どもの夢を広げ一緒に楽しんでくれて
    こんなお父さんの存在が いいですね

    安心して おやすみ
      
    子育てを こんなふうに 楽しめるのは理想ですね

    掲載日:2013/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仕事から帰ってきたおとうさんとの
    掛け合い?のような
    一緒に絵を描きながら
    お喋りを楽しみながら
    進んでいく感じです

    子どもの想像と
    親の現実と
    それに対して、これでもか〜
    これでもか〜と
    お互いのやりとりがおもしろいです

    子どもってこんな感じの
    絶対的な感覚があるんですよね
    夢といってしまえば、それまでですが
    その気持ち、姿勢は大切にしたいです

    あらら・・・
    ご飯は食べてたのかな
    やさしいお父さんでいいね!!

    きっと、また続くんだろうなぁ〜
    楽しそうでいいなぁ〜

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくのぼうけん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / だるまさんが / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



おこづかいの見方が変わるかも!?親子で楽しめるお金絵本

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット