ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

かようびのよる」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

かようびのよる 作・絵:デヴィッド・ウィーズナー
訳:当麻 ゆか
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年05月
ISBN:9784198611910
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,077
みんなの声 総数 97
「かようびのよる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • え〜っ?!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    10歳の息子と読みました。

    元々5歳の娘と読むつもりだった絵本。
    娘のくいつきが悪く、
    逆に立候補してきた息子と読んだのですが、
    10歳と読んで正解の絵本。

    文字がほとんどない=乳幼児向け にならないのが
    この絵本。
    実際にあったお話です。の前置きから、
    絶対ありえないでしょ‼という世界が繰り広げられ、
    や〜絶対ないよね!と言いながらよんでいると、
    やたらとリアルな警察の実況見聞。

    も、もしかして…? と思い冷や汗が出る瞬間です。

    次の火曜日の場面で、「やっぱり、ないな。」とは思うのですが、
    結局100%フィクションである確信も持てない。
    絶対ないな‼と思いつつも、
    絵本の中では「うっそで〜す!」と言い切ってくれないので、
    もしかしてもしかして、と思ってしまう。
    最後まで謎が解けず、結論は読者にお任せ!的なところが、
    なかなか面白い絵本です。

    掲載日:2016/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少し不気味なファンタジー

    火曜日の夜に、池のカエルたちがハスの葉に乗って飛び立ちます。
    あり得ない話だけれど、妙に臨場感のある少々不気味なファンタジー。
    カエル嫌いにはお薦めしません。
    それにしてもこの着想。
    人を食ってかかっているようで引き込んでしまうのは、イラストのち密さ、背景が日常的で克明に描かれているからでしょうか。
    朝になって、人間たちは事実の解明を始めます。

    そして、次の夜には次の怪奇現象が…。
    味わうしかない絵本ですね。

    掲載日:2010/06/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かようびのよる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / こんとあき / わたしのワンピース

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

全ページためしよみ
年齢別絵本セット