あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。

あかちゃん」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

あかちゃん 作:ジョン・バーニンガム
訳:谷川 俊太郎
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1976年
ISBN:9784572002280
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,204
みんなの声 総数 20
「あかちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 下の子が生まれたら上の子に!

    • まゆくらぶさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子0歳

    とても小さく、ページ数も少なく、言葉も少ない絵本です。

    上の子から見た赤ちゃんの様子が、上の子の言葉で書かれてあるのですが、その言葉が上の子目線でとても素敵だと思いました。

    赤ちゃんはベビーベッドで寝るなど、日本の場合家によって違うとは思いますが、そういった点も子供はすんなりと受け入れていました。

    上の子の気持ちを代弁してくれているところが素敵です。
    特に最後の「はやくおおきくならないかなぁ」という上の子の言葉からは、早く一緒に遊びたいという期待の気持ちが詰まっており、個人的には大好きです。

    赤ちゃんは自分では何もできないため、イライラするときもあると思いますが、それでもそんな赤ちゃんの成長を楽しみに待っている主人公の気持ちが聞き手の気持ちと重なるなと思いました。

    友達の二人目が生まれたときなど、この絵本を添えてみるといいと思います。
    意外と知られていない絵本だと思うので、かぶらない可能性が高いです。

    読む側のお母さんも、ハッとさせられることでしょう。
    ジョン・バーニンガムの絵本は多くを語らなくても、子供に気持ちが伝わるから素敵です。

    掲載日:2012/07/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あかちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『にじいろのネジ』安田真奈さん、はりたつおさん、河野裕さん

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット