ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

さかなはさかな」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

さかなはさかな 作・絵:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1975年
ISBN:9784769020042
評価スコア 4.58
評価ランキング 3,825
みんなの声 総数 59
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自分は自分

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    隣の芝が青く見えるという諺があるように、他人の暮らしに憧れたり、無い物ねだりしたりする人がいるけれど、自分に合った暮らしというのは、自分の目の前にあるものだということをこども向け絵本ながら、大人も教えられる作品です。さかなはやっぱりさかなとして水の中で暮らすのが一番だと、他の生き物の暮らしに憧れていたさかなが気づく時、なんだかこどもながらにほっとするようです。分かり易いけれど、奥が深い作品です。

    掲載日:2012/01/25

    参考になりました
    感謝
    2
  • 自分がいるところが1番

    6歳長女が幼稚園で借りてきました。

    おたまじゃくしと魚。小さなうちは同じ水の中にいたのに、おたまじゃくしはカエルとなり外の世界に行ってしまった。戻ってきたカエルから外の世界の話を聞く魚。でも、話だけからそのものを想像するってとても大変なことなんだなと思いました。だって、魚の想像してるものと全然違うんです。長女も「こんなのいないよー」とビックリしていました。

    自分の今いる場所が1番だと教えてくれる絵本です。自分ではきっと選ばなかった絵本かなと思うので、幼稚園から借りてきた長女に感謝です。

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • さかなはやっぱりさかな

    小さな頃さかなとおたまじゃくしが仲良しで。
    おたまじゃくしがカエルになって水の外の世界を楽しんでいるのをうらやましく思うさかな。

    カエルの語ってくれる外の世界をさかなが想像しているのが、
    さかな発想な感じで、面白いし、可愛い。

    さかなはどうしても外の世界をみたくなって、飛び出てみたけど、結局息が出来なくて苦しくて、通りかかったカエルに助けてもらう。
    そして、水の中の楽しさや美しさに気がつく。

    さかなのチャレンジ精神が素敵だなと思いました。
    水の中の良さを気がつくには、外の世界を見て見ないと
    解らない。
    息子もチャレンジする良さを感じてくれたら良いなぁとおもいながら
    読み聞かせをしました。

    掲載日:2011/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分のいる世界

    「百聞は一見にしかず」などという言葉にもあるように、とにかく自分の目で見て体験することが重要と思われています。
    特に、若い人達ならば日本から世界へと、考えられているのではないでしょうか。

    世界には、すばらしいことがたくさんあるでしょう。
    でも、今、自分達がいる場所も、とてもすばらしいものなのではないでしょうか。

    この本のさかなは、陸に行こうとして、失敗します。
    でも、失敗から学んだこともあります。

    チャレンジする勇気や、今の自分を見つめなおすことが、感じました。

    掲載日:2011/08/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「さかなはさかな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(59人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット