ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

だいじょうぶだいじょうぶ」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

だいじょうぶだいじょうぶ 作・絵:いとう ひろし
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1995年10月
ISBN:9784062528634
評価スコア 4.84
評価ランキング 101
みんなの声 総数 212
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 涙が出てきます

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    2歳7か月の息子と図書館で借りてきて読みました。

    小さなぼくが不安な気持ちになると、いつも「だいじょうぶ だいじょうぶ」と助けてくれたおじいちゃん。
    やがてそのおじいちゃんが年を取り・・・

    息子にはまだよくわからなかった見たいですが、息子に読んであげていてじんわりと涙が出てきてしまいました。

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • だいじょうぶの持つ力 受賞レビュー

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    子どもの頃の私はとっても心配性でした(今もそうですが).
    大好きな明太子をたらふく食べたはよかったけれど「子どもなのにこんなに食べちゃって病気になったらどうしよう」と後悔して不安になったり,飛行機に乗って出かける前日,「あんな大きいものが飛ぶなんておかしい.ほんとに飛ぶの?」と家族に質問攻めにしたり,なにかと不安を抱えてた記憶があります.
    そんなときに私の不安をかき消してくれたのは,母の「だいじょうぶだって」という言葉でした.
    母の「だいじょうぶだって」で何度となく心のモヤモヤがすっとなくなって穏やかな気持ちになったことを覚えています.

    そして今,私は2人の息子の母となりました.2歳の次男は私に似ているのか何かと不安を抱えてしまうようです.いつもとは違う道を通るのを嫌がったり,人混みで泣き出してしまったり,些細なことをこわがったりします.そんなとき「だいじょうぶだよ」とだっこして声をかける私です.昔私が母に言ってもらったみたいに.
    そして今度は次男の心配症のことを私が母に相談すると,「だいじょうぶだって.あんただって昔そうだったじゃん.」と母.

    「だいじょうぶ」に支えられて「だいじょうぶ」で励ましてる毎日です.この言葉のおかげで今,子育てを頑張れてるのかもしれません.

    「だいじょうぶだいじょうぶ」は,「だいじょうぶ」の言葉の持つ暖かさや思いやりを見事に表現している絵本だと思いました.

    掲載日:2015/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人を大事にする心

    子供にはまだ早い感じがしますが、祖父母が大好きな娘は「じいちゃん、じいちゃん」と喜んでみています。
    いつか別れはおとずれますが、それがいい形でおとずれてほしいと思っています。
    その準備として、この本はとてもいいと思います。
    読んでいる私もおじいちゃんっこだったので、ついつい泣いてしまいますが…。
    それまもた、娘にはいい影響になるのではないかと思っています。

    掲載日:2015/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙ぐんでしまいました

    とっても心温まる絵本です。
    おじいちゃんと孫の男の子のお話。
    私自身、おばあちゃん子だったので、この世界が本当によくわかります。
    親では伝えられないこと、おじいちゃん・おばあちゃんだから伝えられることがこの世にはたくさんあるんですよね。
    最後のシーンで、今度は孫がおじいちゃんを支えていく場面に、つい涙ぐんでしまいました。何度も読みたい絵本です。

    掲載日:2014/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 出産祝いにいただきました

    まごがおじいちゃんと手をつないで御散歩をしながら世の中や自然界のいろいろなことを見て学んでいくところやおじいちゃんの言う大丈夫大丈夫の言葉にまごが支えられ育っていくところに感動します。最後に少し大きくなったまごが、逆におじいちゃんを支えようとする…読んでいて涙が出そうになりました。

    掲載日:2011/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • あったかい気持ちになりますね

    娘が保育園から借りてきた絵本です。2歳の娘にとってはまだ理解するのが難しい絵本なのですが、読んでいるとわからないなりにも絵などで楽しんでいました。
    私は、読みながら本当にじ〜んと心があったかくなりました。「だいじょうぶ」という言葉だけで、こんなにも見方が変わるのかと、考えさせられました。
    おじいちゃんが孫に「だいじょうぶ」と声をかけ続けてくれたお礼に、
    最後は孫が、病院で寝ているおじいちゃんに「だいじょうぶ」と声をかけています。
    「だいじょうぶ」という言葉、今までもなにげなく使っていましたが、
    娘が何かで困った時、泣いているときには「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と、少しでも気持ちが落ち着くことができればいいな…と思います。
    娘がもう少し大きくなったらまた読んであげようと思っています。

    掲載日:2010/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 穏やかな感じ

     最近、何かあると「こわーい」と言うようになった息子に、安心感を与えられたらと思い、購入しました。
     まだ理解するには難しいですが、穏やかな優しい絵が気に入ったのか、「だいじょうぶだいじょうぶ」の言い回しが気に入ったのか、毎日持ってきます! 将来、主人公のおじいちゃんに対する気持ちもわかってくれる様になってほしいなあ。
     私も、子供だけでなく、親にもゆとりを与えてくれる、「だいじょうぶ」という言葉が好きになりました。

    掲載日:2009/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切な言葉

    • うずかぶさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、男の子0歳

    子どもながらに感じるイヤなこと、怖いこと、不安なこと・・・そんなことがあると、いつもおじいちゃんは孫の男の子に「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と言ってくれます。

    たくさんの経験をしてきたおじいちゃんの言葉に男の子はどれだけ安心させられたことでしょう。おじいちゃんの気持ちがちゃんと伝わっていたことが最後のページで分かります。ラストは思わず涙が溢れてしまいました。

    読み終わって深く感じたことがふたつあります。ひとつは、おじいちゃんやおばあちゃんがそばにいて、温かい気持ちで接してくれるということがどんなにすばらしいかということ。もうひとつは、子どもが不安になったとき、私自身できるだけ気持ちに余裕を持って「だいじょうぶ」という言葉をかけてあげられるようになりたいということ。

    子どもは初めて読んだ2歳のころから、いつも真剣な表情で聞いています。

    掲載日:2009/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「だいじょうぶだいじょうぶ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / なつのいちにち / かさぶたくん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが / だるまさんと

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


葉祥明さんの描く不朽の名作

全ページためしよみ
年齢別絵本セット