十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

どどどどど」 0歳のお子さんに読んだ みんなの声

どどどどど 作・絵:五味 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1992年10月
ISBN:9784032046601
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,701
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く

0歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 視覚効果大

    23ヶ月の低月齢の子にぴったり!
    白、黒、縞々の3要素が前ページに渡っているので最後まで集中して見てくれます(*^▽^*)
    出てくる言葉は「どれみふぁそらしど」と「じ えんど」のみのシンプル構成。
    五線譜見立ての地面を可愛らしいブルドーザーが進んでいきます。
    この地面、「どみそ」「そみど」と言葉に合わせてでこぼこ道になったり坂になったり変化に富んでいるので、成長に合わせて語りかけを増やして楽しめる作品だと思います。
    五味さんのこのシリーズの中で赤ちゃんの食いつきが一番よく、親としても味わい深く一番のお気に入りになっています(*´U`*)

    掲載日:2014/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しく読めます♪

    「どどどどど」の言葉だけかと思ったら、
    いつのまにか、ドレミの音階が登場します。
    ブルドーザーがそれに合わせて、いろんな
    道をつくっていきます。
    不思議な絵本なのですが、なぜかどんどん
    魅かれていった絵本です。
    楽しくリズミカルに読んであげてほしい絵本
    です♪

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一生懸命動く赤ちゃんの姿に見える

    「どどどどどれみ」、の音楽にのって走り回る
    ブルドーザーのお話。

    ピンクのころころしたブルドーザーが
    何となくはいはいをはじめた赤ちゃんとだぶります。

    坂道を一生懸命石を押し上げているところや、
    壁にぶつかってしまうところ、
    息子なりにお気に入りのページが出来てきたみたいです。
    行ったりきたりして読むのでなかなか
    最後にたどりつけません。

    読む方も音階をつけて歌うように読むので
    毎回、気分と曲想が変わって楽しいです。
    単に音を当てはめたわけではなくて、
    絵に合ったように音名が並んでいるのが
    面白いと思います。

    最近息子は「ぐぐぐぐて」(?)、と言いながら
    絵本を見ています。
    もしかして、どどどどれ?のことかな??

    掲載日:2008/10/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「どどどどど」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / やさいのおなか / もけらもけら / いっしょにあそぼ しましまぐるぐる / もうおきるかな? / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット