みなみへ みなみへ
作: ダニエル・ダンカン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
海のうえで出会った“あいぼう”。それぞれが帰る場所は……? 一人ぼっちの漁師さんと1羽のトリのお話。

どどどどど」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

どどどどど 作・絵:五味 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1992年10月
ISBN:9784032046601
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,784
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 唄うように読みました

    すばらしい☆
    このシリーズ、何冊か読んでいますが全部パターンが違っていて、
    この本は言葉だけじゃなく音楽としても遊んでいて
    シンプルなのに奥深いです。

    表紙では気付かなかったけど
    中表紙でト音記号があり、この横線は五線譜なんだと気付き!
    ならば『どどどどど』は音階の『ド』?!と発見した時は
    なんだかウキウキしてしまいました♪
    読むときも唄うように読んで自分が楽しみました。

    ブルドーザーが宙(そら)に浮いてる場面の
    『みふぁみふぁ そらそら』が不思議なカンジが出ていて
    特に好きです。

    掲載日:2010/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音楽の本?

    息子が幼稚園から借りてきました。おそらくは「くるまのほん!」ということで借りてきたのでしょう。表紙がブルドーザーですから。
    「どどどど」……ああ、工事の音だけかなんて思っていたら……
    あれ? 音階になってる。音の通りに読んでみると大ウケ。2、3回続けて読まされました。音を高くしたり、低くしたり、パターンを変えて読んだので、よけいに面白かったみたいです。よほど気に入ったのか、ミニカーを出してきて「どどどどど ごっこ」をしています。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌うように読んでます♪

    うちの息子は五味太郎さんの「かかかかか」とか「るるるるる」とかのシリーズ大好きなんですが、これが一番好きみたいです。ずっと笑いながら、でも歌うように読んでいます。しかも少しずつドレミの音階に合ってきていて…壁にぶつかったときの「ど」なんか声を震わせながら発音してました。びっくりした気持ちがよく表現出来ていて私自身びっくりしました。
    そらそら…は飛ぶように高音にしていくように、とか私自身も工夫して読むようにしてます。本当に面白い!

    掲載日:2010/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 違った読み方で飽きずに楽しめる

    子供は、このシリーズが大好きです。私ははじめはビックリでしたが、いろいろ読んでいるうちに、奥の深さにはまってしまいました。

    『ど』の音は、ちょっと独特な感じで、子供もとてもよく反応しています。読み方を工夫すると毎回違った楽しみ方ができます。

    掲載日:2009/05/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「どどどどど」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / やさいのおなか / もけらもけら / いっしょにあそぼ しましまぐるぐる / もうおきるかな? / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いのちはどこへ行く?チェコの美しい風景を旅する葉っぱの物語

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット