十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

どどどどど」 大人が読んだ みんなの声

どどどどど 作・絵:五味 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1992年10月
ISBN:9784032046601
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,701
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 五線譜を走るブルドーザー

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    題名を見た時、何となくブルドーザーっぽいイメージを予想していました。
    でも、中表紙からしっかり絵をご覧ください。
    ト音記号と五線譜があるではありませんか。
    そして「どどどどど」とくれば、そう、音階の「ど」なんですね。
    ブルドーザーの行く先々、「どれみふぁそらしど」の音が交じり合います。
    絶対音感のない私はここでひるんでしまいました。
    宮川彬良さんにクインテット風にメロディを弾いてもらいたい気分です。
    ともあれ、坂道、でこぼこ道、断崖!?と、なかなか道中はスリリング。
    ブルドーザーがいつしか表情を持っているようにも見えてきます。
    ラストのオチは見事ですね。
    こだわれば、楽器で音読のようなことも可能でしょうが、
    感性で読んでも、味があると思います。
    乗り物好き、あるいは、音楽好きのお子さんにはいいと思います。

    掲載日:2010/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズムを楽しめる本

    音階が分からないお子さんにも、
    読み聞かせをすることによってリズムを楽しむことが出来る作品ですね。

    初めて絵本を開いたときにはストーリーはなくて、
    音を楽しむだけの絵本かと思ったのですが・・・
    読み進めていくうちに音階とブルトーザーの動きがリンクして、
    ブルトーザーに表情があるように、
    そして命が吹き込まれたように感じて来るんです!

    ブルトーザー君が進んで行く様子をリズムを楽しむと共に見守る楽しさはなんともいえないですね☆

    ただ、読み聞かせによって絵本の楽しさが特に引き出される絵本だと思うので、
    読む前には練習したいなって思います(笑)

    掲載日:2008/08/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「どどどどど」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / やさいのおなか / もけらもけら / いっしょにあそぼ しましまぐるぐる / もうおきるかな? / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット