おばけのてんぷら おばけのてんぷら おばけのてんぷらの試し読みができます!
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさこがごきげんでてんぷらをあげていると、においにさそわれた山のおばけが、そーっとしのびこんできました。さあ、たいへん!

くものいえ 改訂」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

くものいえ 改訂 作:得田 之久
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1975年06月10日
ISBN:9784494003020
評価スコア 4.75
評価ランキング 766
みんなの声 総数 7
「くものいえ 改訂」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • くもも頑張って生きている

    得田さんの虫のイラストは図鑑のような本格的なものからアニメっぽいものまで、すごく幅がありますね。
    これはちょうど中間ぐらい。
    たぶん虫嫌いな人も安心して(?)読めると思います。

    くもがくもの巣をはる、というすごーくシンプルなテーマです。
    でもそこに得田さんのくもへの愛情が感じられる絵本。
    私自身はあまり虫が得意ではないけれど、得田さんの絵本を読んでいると、「あぁ、虫たちも頑張って生きているんだな」と思わされる。

    文字も少なくて、読み聞かせにもぴったりです。

    掲載日:2017/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 以前、クモの巣を触ったらベタベタになったのがかなり嫌だったようで
    それ以来、庭のクモの巣を祖母に頼んで全部ほうきで取っていました。

    そろそろ「どうしてクモの巣をやたらと壊してはいけないか」を
    教えなくてはと思っていましたが3歳児に上手く説明できなくて、
    そんな時見つけたのがこの絵本でした。

    子供が非常に怖がりなので、リアルな絵はどうかと思いましたが、
    衝撃的な描写もなく、図鑑的な真面目さ(詳しさ)は特になくて、
    でもきちんと簡潔に事実を伝えてくれている感じがします。
    シンプルなイラストは分かりやすく、しかもとてもキレイです。

    子供も食い入るように何度も見ました。
    リアルな大きいクモの絵に少々ビビりながら見ていましたが(笑)。
    「夜の黒」と「クモの糸の白」のコントラストがとても美しく、
    今までと違った目線でクモの巣を見てくれたらいいなと思います。

    何度か読んだ数日後、毎日の日課だった「クモの巣退治」がなくなりました。
    でもクモの巣を探すのは今も好きみたいです。

    掲載日:2010/05/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くものいえ 改訂」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / どうぞのいす / おおきなかぶ / おふろだいすき / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / ダットさん / ぐりとぐら / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あるかしら書店』発売記念<br>ヨシタケシンスケ×金柿秀幸 対談レポート

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット