雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

11ぴきのねこふくろのなか」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

11ぴきのねこふくろのなか 作:馬場 のぼる
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1982年12月
ISBN:9784772100717
評価スコア 4.76
評価ランキング 570
みんなの声 総数 118
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • いいのかな・・・とハラハラ

    • ☆だ〜なさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    『はなを とるな』と書かれていても
    1つくらい・・・と取ってしまう

    『木に のぼるな』書かれていても
    気にせず木の上でお弁当を食べてしまう

    おきて破りの連続に、見ている子ども達も『えーっ!』と複雑そうな顔。
    苦笑いをする子も!

    驚きの展開にドキドキするものの、11ぴきのねこたちの団結力はさすが!!と思わされます☆

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダメっていわれるとしたくなる

    この絵本の色彩感覚が好きです
    育児書にはダメっていう言葉はよくないとありますが
    ついついダメって言っちゃいますね
    だって世の中は子供にとってダメな事があふれていますもの。。。
    ダメな事だからこそやってしまいたくなる
    そんな子供の心理をついた痛快なストーリー

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魅惑の禁止事項

    3歳3ヶ月の息子が、よくいく医院で読む本です。

    11匹のネコが、立て札に書いてある禁止事項を
    何度も破ってしまい…というストーリー。
    ウヒアハという怪物につかまってしまいます。
    そして…。

    子ども(特に息子)は「だめ!」ということをとてもやりたがります。
    花をとったり、木に登ったり、危ない橋をわたったり…。
    息子にも魅力的なことでしょう。
    でも、最後には力を合わせて怪物をやっつけて、
    最後に道路をわたらず、きちんと横断歩道をわたる11匹がいました。
    ちょっと教訓チックで私は「うーん」という感じでしたけれど、
    息子は楽しかったようです。

    絵の色使いがとても良かったですし、
    「にゃごにゃご」という台詞がかわいかったです。

    息子は立て札の言葉を自分も何度も繰り返していました。
    平仮名、読めるようになるかな??

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳だと少し早いかも

    11匹シリーズは私が子供の頃から大好きです。
    息子も「11匹のねこ」が大好き。
    そこでこちらも読んでみたのですが・・・
    看板にある「〜するな」の教えをことごとく破っちゃういたずら11匹が、怪物に捕まって、知恵を絞って倒して帰ってくるお話です。
    トンチの効いた方法や、やり取りが相変わらずとっても面白いです。
    ただ、このひねりの効いたやり取りが3歳の息子にはイマイチ伝わらなかったらしく、反応は薄め・・・
    子どもにも好みがあるんだろうから、人によると思うけど、4歳くらいの方がこの面白さを理解できるのかな〜?
    もう少し大きくなってまた反応見てみます。

    掲載日:2013/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • あまのじゃく

    • おゆみさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    11ぴきのねこシリーズは、「11ぴきのねこ」しか読んだことがなく、他のものも気になって読んでみました。

    11ぴきのねこの気ままで自由の所はやっぱり健在で、このおはなしでは、禁止されていることをやってしまうという「あまのじゃく」なところもまた笑えました。

    ひらがなを覚えたての3歳の息子は、頑張って立て札に書いてある文字を読んでいます。

    ストーリーは3歳なりたてには難しいようなので、これから何度もよんでいこうと思います。

    掲載日:2013/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんで大胆な!

    11ぴきのねこシリーズです。

    みんなで遠足に行くんですが、看板が何回も出てきます。

    この看板の忠告をことごとく無視していきます。

    そのせいで罠にもかかってしまいますが、

    そこからこの話が盛り上がるところでした。

    おおきなばけものにつかまり、こき使われ、

    どんな風に話が終わるのかと思いながら見てました。

    そこでもまた看板がでてきます。

    最後の最後まで笑わせてもらいました。

    この猫たちの性格がおもしろくてたまりません。

    人間味があふれるお話でした。

    掲載日:2012/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりルールは守らなくちゃね

    3歳の娘は「11ぴきのねこ」のシリーズが大好きです。

    今回は、遠足に出かけていく11ぴきのねこたち。
    その道中、「はなをとるな」「橋を渡るな」「木に登るな」という立札があるのですが、ねこたちは従いません。
    ダメだと言われると、ついやってみたくなるんですよね。

    そして、「袋の中に入るな」という立札!
    ねこたちが袋の中に入ると、怪物に連れ去られてしまいます。
    でも、この怪物がまたかわいらしい風貌で…憎めないんですよね。

    帰り道で見かけた立札にはちゃんと従うところが、また面白いです。
    今回の一件で懲りたんでしょうね〜

    おもしろおかしい中にさらっと教訓が含まれていて、大人が読んでも面白い絵本です。

    掲載日:2012/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供心をくすぐる本

    • 魔王さん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県

    3才の息子達が大好きな絵本の一つです。
    この絵本は11ぴきのねこシリーズの1冊ですが息子達はこのふくろのなかの絵本が一番好きです。
    やはり「○○するな」というフレーズが大好きな理由のひとつです、
    ○○するなと立て札があるのにことごとく猫たちは挑戦していくのが面白い理由のようです。

    子供たちが気になっているのは11ぴきのねこたちが背負っていたリュックはウヒアハという怪物に捕まってから出てきていなく、それが無事脱出して帰宅途中の絵からリュックが登場するとことです。
    今までリュックはどこにあったのだろう?や袋に入るときにりゅっくを背負っていなかったのにどうしてりゅっくはあったのだろう?と不思議なようです。
    子供はよく絵本を隅から隅まで見ているのだなと改めて感じた1冊となりました。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 11ぴきのねこ 思い出

    娘が保育園の劇で演じた思い出の作品です。

    立て札には、「はなをとるな」など、
    様々な禁止の言葉が…。
    でも、そう言われるとやりたくなるねこたち。
    それが、とんでもない事態に!!

    この立て札、私と娘の間で、かなりのブーム。
    いまだに町中で何かの貼り紙をみつけると
    「○○するな…ニャゴニャゴ」と
    言っては、盛り上がってます♪

    この本の重鎮となる、大きなばけものウヒアハも
    なんだか憎めないキャラです☆

    11ぴきのねこシリーズの中でも、大すきな一冊です!

    掲載日:2010/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ついついやりたくなる気持ち

    11ぴきのねこシリーズの中でも特に好きです!

    出かけたねこたちが見つける渡るな・とるな…などの禁止の立札。
    でも、だめだと言われてもやってみたくなるのが子ども心ですよね〜
    見事に全部無視をして、最後は罠にかかるねこたちを子どもたちはどんな思いで見るのかとても興味がありました。

    いけないことをすると痛い思いをするという教訓のようなものも、こんなに簡単に伝わる絵本もなかなかないですよね。
    これを読むと子どもたちは楽しみながら、大げさですけど社会勉強もできると思います。

    掲載日:2010/05/31

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「11ぴきのねこふくろのなか」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / めっきらもっきらどおんどん / 11ぴきのねことあほうどり / もこ もこもこ / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(118人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット