だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

11ぴきのねこふくろのなか」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

11ぴきのねこふくろのなか 作:馬場 のぼる
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1982年12月
ISBN:9784772100717
評価スコア 4.76
評価ランキング 569
みんなの声 総数 118
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • よいこのお手本

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    その気持ち、分かります。ダメって言われたらやりたくなっちゃう。言われなかったらそんなことしようなんて思わないのに。ことごとくダメ!をやってしまう11ぴきが楽しいです。
    11ぴきをつかまえた怪獣の名前「ウヒアハ」が息子には面白かったみたいで気に入っていました。ローラーひきをやってる姿は部活?と思えてきて私は笑えました。このままウヒアハの家来としてここにいるのかと思ったら、さすが11ぴきでした。まんまとウヒアハをだましてやっつけてしまいました。
    最後は、道路を「わたるな」をきちんと守った11ぴき。よいこのお手本にもなりました。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私が大好きです

    • ずうさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳

    11ぴきのねこシリーズ、懐かしくて思わず手にとリましたが、
    4才の息子も大のお気に入りになりました。

    私は、なかでもこの「11ぴきのねこふくろのなか」が、
    親の言いなりにならなくなってきた子どもの心境を表しているようで
    とてもおもしろいと思います。

    ちなみに息子は、特に好きな作品というのはなく、
    シリーズ作品、どれも好きなようです。
    いつも大笑いしながら、読んでいますよ。
    やっと平仮名が読めるようになってきたレベルですが、1人で読んだりもします。
    好きな本があると、文字が読めるようになるような気がしますが、
    このシリーズは、そんな意味でも一役買ってくれそうです。

    掲載日:2012/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりおもしろい

    • あつつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子4歳

    「11ぴきのねこ」大好きな娘のお気に入りのひとつです。
    とにかくたくさんの立札が出てきます。
    ひらがなが少し読めるようになった娘が立札を読む係りになって、
    一緒に読んでいます。(それがまた楽しいみたい!)
    やってはいけない事はやってみたい…心理を上手くついています。
    「やったらだめだよね〜」なんて娘も言ってます。
    面白いだけではなく、どうしたら良いのか一緒に考える事が出来る本です。

    掲載日:2012/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • だめと言われるとやりたくなるのよ

    11ぴきのねこが好きな息子です。
    借りてきたら、さっそく見つけて1番に読んでと持って来ました。

    さてさて、11ぴきのねこたち、
    看板に書いてある「○○するな」ことごとく破っていきます。
    たくさんあるから1つくらい大丈夫!とか
    みんなで渡れば怖くない!とか
    大人でもなんだか胸が痛い思いが・・・(笑)

    胸が痛むからか、少々説教くさい気がしなくもないですが
    直接的にお説教ではなく、11ぴきのねこたちの失敗で
    やっぱり書いてあることは守らないとね〜と
    心に響く感じです。

    でも、ダメと言われるとやりたくなるのよね
    特に男の子は・・・

    大人も子供も、きっと心に響くだろうと思った1冊です。

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白いです

    「11ぴきのねこ」シリーズを読むのは、2冊目です。
    このお話はすごくいいです。もちろん面白いお話なのですが、ダメと言われるとやりたくなる子供の心理をよくわかっていて、もしそういうことをやってしまうと・・・。こうなっちゃうぞという教訓がわかりやすく描かれているんです。

    4歳の長女も「やっちゃダメよ」ということをやってしまって、泣いちゃうパターンがとても多いのですが、「こんなことしたらダメだよね」と言っていました。ちょっとこれからは気をつけるようになってくれるかな?

    掲載日:2012/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知恵くらべにワクワク

    • 夜の樹さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    11ぴきのねこシリーズの一冊。
    11ぴきのねこ達とウヒアハの知恵くらべがとっても面白い一冊です。
    4歳の子供と読みましたが意味は十分に理解できたようで、親子でワクワクしながらページをめくりました。
    シリーズの中で一番気に入ったみたいです。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりユーモアたっぷり!

    11ぴきのねこシリーズは娘のお気に入りです。
    絵だけをみるとすごく惹かれることはないのですが、
    この物語のユーモア感が大人も楽しめます♪
    娘は毎回とらねこたいしょうが気になるようでチェックしています。

    この11ぴきのねこふくろのなかは
    〜してはいけませんという立て札をちょっとだけなら
    一回だけならと次々に破ってかいぶつに捕まるお話です。
    かいぶつと言っても、少しまぬけで
    しっぽについた3つのリボンがなんともおちゃめでした。

    今回も期待をうらぎらずユーモアたっぷりで
    ちょっと遠まわしに、物事の善し悪しも教えてくれる内容でした♪

    ちょうど4歳の娘にはぴったりな絵本です。

    掲載日:2010/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 題名が??

    なんで ふくろのなか と思ったら、
    人間やめろと言われてもやめられない、
    気になる事、やりたいことをやるんだ!
    を続けていたらこうなりますよ、のお話。

    もうまさに、息子がこれ!
    最近のお子さんは皆聞きわけが良いので、目立ちます…。
    怒ると逆効果。
    でも、この本読んだら、あれ?いいじゃん!分かってる!
    だって、イタズラ好きだけど、こわがりなんだもん。
    こういう話は効果てきめん!

    掲載日:2010/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウヒアハ!?

    • 四パパさん
    • 30代
    • パパ
    • 大阪府
    • 女の子4歳、男の子2歳

    読み始めて最初の頃、ダメと言った事を気にせずにほいほい
    とやってしまう猫達を見て、唖然としていた子供の様子が
    かなり面白かったです。
    今まで「〜あほうどり」→「11ぴきのねこ」と図書館で
    借りて見せてきた中で、今回の「〜ふくろのなか」が1番
    子供の反応が良かったんですが、猫達の人間味溢れる性格
    が1番わかりやすく描かれていたからかなと思いました。
    立て札に「木に登るな」と書いてるのに、次のページには全
    員が木の上で食事してるんですから衝撃だったと思います。
    ウヒアハが登場してからの展開も、それまでの伏線がきいて
    てとても楽しく、樽・・・いやツボにはまりました。
    この猫達ほんと最高ですね。

    お気に入りの場面
    娘:立て札、裏表紙のウヒアハ
    息子:ウヒアハ(名前もグーですね)
    僕:11ぴきのねこ

    掲載日:2008/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • あるある!

    11ぴきシリーズの中でも一番身近に感じるエピソードです。

    ダメダメと言われると、ついついやってしまう子どもたち。
    人間味あふれる11ぴきのねこくんたちも、もちろん同じです。
    そしてやっぱり・・・ばけものウヒアハにつかまり働かされることに。
    この場面の「ニャゴ」「フンニャー」と言うセリフが息子の大のお気に入りで、11ぴきシリーズ中でも実際口に出して言うことが多い言葉です。

    立て札を読む場面では息子も一緒に声に出して読みます。
    読み終わると冒頭のページの地図でどこを通ったか確認するのも面白いですよ。

    掲載日:2008/05/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「11ぴきのねこふくろのなか」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / めっきらもっきらどおんどん / 11ぴきのねことあほうどり / もこ もこもこ / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(118人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット