おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

さんまいのおふだ」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

さんまいのおふだ 作:水沢 謙一
絵:梶山 俊夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1985年02月
ISBN:9784834001211
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,477
みんなの声 総数 52
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議な絵の魅力

    この『さんまいのおふだ』はいろいろな絵本があるようです。
    他の絵本を見ていないので、おふだを便所の神様からもらったのですから、トイレの描き方がポイントでしょう。
    それに戸外にトイレがあるって、わからない子どもが大半でしょう。

    このお話は、パターン化されていてわかりやすく、最後のオチもピタリときます。
    絵の方は描かれ方によって印象はかなり異なるはずかと思うのですが、これだけの味わいは他にないかもしれません。
    梶山さんの絵は、離れてみるとはっきりしないので、クラスの読み聞かせには不向き。
    上手なのか下手なのかよくわからない絵です。
    そして、訳もなくほっとする絵。
    繰り返し見ているうちに味わいだけは感じました。
    なんとなく便所の神様やバタ臭いやまんばに絵がマッチしているようです。
    登場人物がくっきりしていないのですが、お話には充分溶け込んでいるように思いました。

    掲載日:2010/11/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 何度読んでも面白い!

    • あみむさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳

    ちいさな頃から何度も読んだ、さんまいのおふだ。
    ドキドキして、とってもこわかった。
    でも、今でも、なんでか好きな本です。

    さんまいのおふだ、色々な本がありますが、この水沢さんのお話が特に好きです。
    大人になっても、やっぱりこわい。
    でも、あまだれとか、べんじょのかみさまとか、おしょうさまとか、
    助けてくれる人がいるから、どこか安心して読めます。
    そしておしょうさまのとんちがすごい!
    何回読んでも面白いなぁ〜って思います。

    クラスでの読み聞かせなど、ちょっと離れると絵が見えにくいかなぁ…
    とは思いますが、すばなしでも面白いお話なので、
    読み聞かせにもいつか使ってみたいなぁと思います。

    掲載日:2012/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「さんまいのおふだ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



読みながらしりとり遊びができる“おいしいことば遊び”絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット