あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …

ひとのいい ねこ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ひとのいい ねこ 作:南部 和也
絵:田島 征三
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年
ISBN:9784097273233
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,975
みんなの声 総数 12
「ひとのいい ねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小学校での読み聞かせ

    • 将軍亭琴音さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子13歳、女の子10歳、女の子8歳

    小学校での読み聞かせ会に二回持参しました。
    一回目は低学年。二回目は高学年。
    どちらでも56人の子供たちが聞いてくれました。

    低学年でも高学年でも2冊目に読みました。
    始めはなんとなく聞いていた子供たちも
    最後の方になると低学年では
    「ひえ〜!!」という声が上がり
    千百十一匹のノミが「血を吸わせて」というシーンでは
    「あかん!あかん!」とつぶやいている子がいました。
    高学年では、声を上げる子供はいなかったけど
    読み終わった後、背中がかゆそうにもぞもぞしているので
    「そうやろ、ちょっと背中がかゆくなる気がするよね〜」と
    声をかけました。

    この話をしたら、近所のママ友が読みたいというので
    本を貸しました。そのママ友の感想は
    「単純そうに見えて結構深い話やな」とのこと。
    そうですよね。この本の表紙に「あなたならどうする?」と
    書いたシールが貼ってあるのですが…私ならどうするだろう…?

    読み聞かせるときは、始めのノミは小さな声で弱々しく
    だんだんと元気よく、あつかましくなるように読み、
    また「ノミが卵を産みました」の文は、
    前の文からはっきり分かるくらいの間をあけて読むと
    この本の面白さがいっそう増すんじゃないかな?と思います。

    所要時間約5分です。
    幼稚園でも楽しめるとは思うけど…私は持っていかないかな。

    掲載日:2013/02/15

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ひとのいい ねこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ゆらゆらばしのうえで / あらまっ! / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / なにをたべてきたの? / にじいろのさかな / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



音楽家の両親をもつ「ぼく」の心のものがたり

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット