たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ちょっとそこまでぱんかいに」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ちょっとそこまでぱんかいに 作:山下 明生
絵:エム・ナマエ
出版社:サンリード
本体価格:\1,200+税
発行日:1981年
ISBN:9784914985189
評価スコア 4.32
評価ランキング 13,637
みんなの声 総数 24
「ちょっとそこまでぱんかいに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 以降の作品を見てみたい

    乗り物好きな息子のために借りてきました。

    あまり期待していなかったのですが、イラストの不思議な魅力に引き込まれました。
    写実的ではないのですが、すごく街の様子が生き生きとしていて・・・。
    なんとも言えない雰囲気です。

    紹介文によると、イラストを描かれたエム・ナマエさんは失明されているのですが、これは失明以前の作品とのこと。
    失明後、どのようなイラストを描くようになられたのか、作品を拝見してみたいと思いました。

    掲載日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 街がどんどん遠目になっていく・・・

    2歳3ヶ月の息子に読んでやりました。自転車に乗り始めた男の子が外に行きたくて、パンを買いにいくおつかいをたのまれます。ところがその自転車に乗っていく先は・・・。最後はちょっと意外な展開ですが、自転車にのって街の中を走り、どんどんその街が遠目になっていく様はちょっとおもしろいです。こんな展開の本は見たことがありませんし、絵だってベースが白黒なのに、アピールしたいところだけカラーになっているという不思議な世界。

    息子は言葉を覚えかけているので、男の子の「ちょっとそこまで、ぱんかいに」という言葉が好きで、一生懸命同じことを言おうと頑張ります。こういうがんばろうとする気持ちをくんでくれるのもこの本の特徴ですね。

    掲載日:2009/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワクワクそしてちょっと不思議な気持ちに

    夢と現実がつながった、面白い絵本だと思います。
    ちょっとそこまでパンを買いに、自転車で家を出発します。
    途中、落書きの‘へのへのもへじいさん’が声を掛けてきます。
    海を渡り、空を上り、おひさまからパンを買う・・・。
    読んでいてワクワク、そしてちょっと不思議な気持ちになる絵本です。
    2歳8ヶ月の娘は、たまに思い出したように読んでと持ってくるくらいですが・・・私はこういう絵本、大好きです。

    掲載日:2008/11/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちょっとそこまでぱんかいに」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / どうぞのいす / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / もこ もこもこ / いないいないばあ / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



可愛いプリンちゃんのお話4作目は、お父さんとおでかけ♪

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット