貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

じぶんだけの いろ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

じぶんだけの いろ 作・絵:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,068+税
発行日:1978年
ISBN:9784769020080
評価スコア 4.76
評価ランキング 593
みんなの声 総数 79
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • じぶんだけのいろって何か?

    とても深くて素敵なお話だと思います。

    カメレオンが色が変わってしまうので、自分だけのいろが無い事を嘆きますが、仲間が一緒に入れば一緒に色が変わる事が出来るという事を知り、仲間と共に暮らします。

    小さな子が読めば、色を感じる絵本として読むことが出来るし。
    幼児が読めば、自分だけの色を考えるきっかけになるし、
    小学生以上が読めば、自分自身の事を考えるきっかけになる。

    年代毎に楽しめて、どんどん深く読んでいく事が出来る素敵な絵本だと思います。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • じーんとしました

    自分だけの色がほしいという、青年期のアイデンティティを思わせるかのような絵本だと思っていましたが、読んでみると、感想がまったく変わっていました。
    まるで、このカメレオンたちは、恋人・夫婦のようですね。
    一緒にいれば、一緒の色にそまっていく。という表現は、とても素敵だなぁと思って、鳥肌がたちました。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「じぶんだけの いろ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『キッズペディア 世界の国ぐに』 <br>編集者・高成浩さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット