雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

おじいちゃんのおじいちゃんの おじいちゃんのおじいちゃん」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

おじいちゃんのおじいちゃんの おじいちゃんのおじいちゃん 作・絵:長谷川 義史
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年07月
ISBN:9784892387708
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,665
みんなの声 総数 121
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 息つぎ☆笑

    • むくくさん
    • 20代
    • せんせい
    • 神奈川県

    最初に読んであげたのは2年生☆
    低学年から高学年まで幅広く使わせてもらってます。

    始めは静かに耳を傾けていた子どもたちも
    「ひいひいおじいちゃん」を連呼するうちに大笑い!!
    やっぱり「くりかえし」の言葉が出てくると楽しいのかも♪

    ただ…読むほうは、ちょっと酸欠状態に…ウソ笑
    なので私はワザと最後の「ひいひい…」を読むときに
    「ひいひいひいひいいいいいいい…フーフーあ〜疲れる…」トカ
    言っちゃってアドリブをいれてます!

    でも読んでるこっちも面白い☆

    あと裏表紙に昔の道具の絵が少し載ってるので
    社会の「昔の暮らし」の勉強とかに紹介してもいいかもです。

    掲載日:2010/05/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 遡りすぎ、、、

    お父さんのお父さんは、僕のおじいちゃん。

    そんな感じでどんどん遡っていく話です。

    ずっーとずっーとつながっているんだなと

    思わせるというよりは、

    ひいおじいちゃんのひいおじいちゃんは、、

    から始まり、「ひい」の数をどんどん増やし、

    ついには1ページ全部にひいの文字が、、。

    これではただひいの文字が多くておもしろいみたいに

    なってしまい、少し話がズレてる気がします。

    でも子供は楽しかったみたいで笑ってたので、

    まぁ良しとします。

    でも先祖のつながりをもう少し考えられる

    絵本だとよかったですね。

    掲載日:2016/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見開きの絵がいい

    「命は、つながっているんだよ〜」っと、子供達に伝えられる素晴らしい絵本だと思いました。

    読むのは、少々大変ですが、息子は、この大変さが楽しいようで「ひいひいひいひひひ・・・」と一生懸命読んでいました。

    また、見開きの絵も昔懐かしいミシンや白黒テレビなど、とってもいい勉強になりました。
    命だけでなく、こういうものも語り継がなければ・・・と思いました。

    図書館で借りた本でしたが、図書館の方もここの見開きがちゃんと見えるように、上手く補強してあったのに感心しました。

    皆さんも、見開きを見逃さないでくださいね〜

    掲載日:2012/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人類のルーツをたどる!

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    ぼくのおじいちゃんは、ぼくのおじいちゃんのおじいちゃんは・・
    と類人猿までさかのぼっていきます。シンプルですが面白い!

    しかし他の方も言ってるように、読み手泣かせの本です。ひいひいひいひいじいちゃんの分を「お母さん全部読んで。何個あるの」といわれた日には・・ついつい自分で読みなさいといってしまいます(笑)

    長谷川さんの味のある絵で、人類のルーツを辿るのは楽しいです。

    掲載日:2009/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • おじいちゃんにあいたくなっちゃった

    • びえんさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、女の子4歳

    娘が学校から借りてきました。

    ぼく がおじいちゃんに
    「ねえ、おじいちゃんのおとうさんはどんなひと?」
    とたずねるところからはじまり、
    おじいちゃんのおじいちゃんはぼくのひいひいおじいちゃん、
    ひいひいおじいちゃんのおじいちゃんは・・・・
    「ひいひいひい・・・・」のくりかえしがたのしいおはなしです。

    時代により背景がかわり、その絵も楽しめます。
    自分のルーツに興味をもつ頃読むのにとてもよいと思います。
    娘は自分で読んで「おもしろかった」と言っていましたが、
    下の娘が私に「読んで〜」と言ったとき、
    「あ、おかあさん 大変だと思うよ。」と一言。
    ページを開いて、納得。おもしろい本ですが、読み聞かせには
    「ひいひい・・・」の繰り返しがたくさんなので、気合が必要ですね。

    娘たちは読んだあと、年に数回しか会えない「おじいちゃん」のこと
    を思い、
    「おじいちゃんにあいたくなっちゃった〜」
    と言っていました。

    掲載日:2008/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大げさにひぃひぃ・・・

    我が家では、長谷川義史=面白いに違いない!
    と、いう式が出来上がっています。

    こちらも繰り返しの楽しいお話でした。
    僕のパパのパパは おじいちゃん。
    そのおじいちゃんのパパは ひぃおじいちゃん。
    そのひぃおじいちゃんのおじいちゃんは・・・
    そんなふうに自分のご先祖様をどんどんさかのぼっていきます。

    途中からは、文字をしっかり読まず、
    ちょっとおおげさに、ひぃひぃひぃ・・・と読むと
    子供たちは喜んでくれます。
    最初に読んだ時、猿までさかのぼってしまった時、
    5歳の息子は「え!」と驚いていました。
    冗談だと思ったのかもしれません。
    人類のルーツを知って、ショックだったかしら?

    掲載日:2008/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供が大好き!

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子7歳、男の子0歳

    この本は、小学生の娘がとても好きな本です。

    五歳の僕。
    ある日僕は、おじいちゃんに質問した。
    「おじいちゃんのお父さんはどんな人?」

    こんな質問から、おじいちゃんをたどっていくお話です。
    大人なら「どこまでヒイおじいちゃんをたどっていくの〜」と、
    悲鳴を上げてしまいそうですが、
    このくり返しが子供には、たまらないみたいです。

    最後にはおサルさんにたどり着いて、???の僕でした。

    掲載日:2008/09/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おじいちゃんのおじいちゃんの おじいちゃんのおじいちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

だるまさんが / ちょっとだけ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

全ページためしよみ
年齢別絵本セット