しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

おじいちゃんのおじいちゃんの おじいちゃんのおじいちゃん」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

おじいちゃんのおじいちゃんの おじいちゃんのおじいちゃん 作・絵:長谷川 義史
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年07月
ISBN:9784892387708
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,261
みんなの声 総数 124
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • つながっている

    縄文時代、平安時代、江戸時代…
    各時代に、自分の祖先が必ずいて、その時代に暮らしていて、結婚して…、だから、自分がいる。
    そのことを思うと、不思議な気分になります。

    特に、歴史もののドラマや映画を見ると、この世界の中に、自分のおじいちゃんんおおじいちゃんのおじいちゃんの…が暮らしていたと。

    そんなことを、子どもにも感じさせてくれる絵本です。

    掲載日:2017/10/08

    参考になりました
    感謝
    2
  • つながり

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、男の子6歳

    6歳と9歳の子に読みました。
    6歳はひぃひぃひぃと続く感じが楽しくって仕方ない風でしたが
    9歳の息子は自分のルーツというか
    祖先について思いを巡らせてわくわくしていた感じです。
    自分の身近にいる祖先だけでなく
    すでに亡くなっている先人に思いを巡らせるのはとても楽しいと思います。
    すてきな絵本です

    掲載日:2016/05/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • うわぁ....

    祖先とか、つながりみたいなものを簡単に感じられる本はないかなと思い、そう言えば、どこかでこんなような題名の本を見たことがある!と思って、読んでみました。

    いやはや.... 単純に、そうなんだよな〜。自分の祖先を遡るということは、はてしなく長い時なんだよねという実感が、読み進めていくうちに、「ひい」という言葉で本当に感じられる絵本でした。そして、やはり、いきつく先は、ここか!という展開でした。

    この絵本を一字一句、ちゃんと読み終えた人は、本当に素晴らしいと思います! ちょっと笑える絵本でした。でも、読む人は、本当に本当に本当に大変です!

    掲載日:2014/04/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おじいちゃんのおじいちゃんの おじいちゃんのおじいちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / からすのパンやさん / だるまさんが / じゃあじゃあびりびり / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『うし』内田麟太郎さん&高畠純さん&絵本ナビ・金柿代表 鼎談

全ページためしよみ
年齢別絵本セット