しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

にゃーご」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

にゃーご 作・絵:宮西 達也
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1997年02月
ISBN:9784790260776
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,171
みんなの声 総数 102
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 純粋な心には勝てません

    迫力満点の表紙、大きな口を開けた猫の顔は大迫力。ところが中を読んでみると、純情なお父さん猫でした。
    子ネズミたちの優しさと、それを裏切ることができない大きな猫の正直さ、子供たちにも持ち続けてもらいたい暖かさがありました。
    三匹の子ネズミたちの会話も楽しく、”ニャーゴ”の鳴き声を色々な泣き方で読むと又楽しめます。子供も喜んでくれました。

    掲載日:2016/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先入観なく生きる意味

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    ねずみの学校でいかにネコが怖いかを教えていたけれど
    3匹のねずみはそんな授業をまったく聞いていなかった。
    嫌な予感はしてたが、
    案の定現れたネコ!「にゃーご」
    いつ食べられてしまっても致し方ない状況でヒヤヒヤするばかり。
    でも3匹のねずみの無垢さと素直さが
    ネコを獣にしそびれました。

    大きくなると何事も先入観を持ってみるような気がします。
    公平に見ようと思っても何らかの先入観が邪魔をします。
    そんなことの滑稽さを3匹のねずみが教えてくれたような気がします。

    掲載日:2013/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこのニャーゴ

    • まみしおさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子9、男の子6、女の子3

    ニャーゴがネズミを食べようとしていたが子ネズミの声でやめるそのやさしさに涙していました。よかったねと何回も言っていました。

    掲載日:2010/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学校2年生国語教科書にも採用

    小学校2年生の国語の教科書のも採用されている絵本です。

    3匹のねずみとねこのお話。

    宿敵の名前は知っていても、見たことないってすごい強みかも???


    ねこも優しいんだけど、最後ねずみも優しくて本当にあったかい気持ちになります。

    絵も丁寧でかわいらしい絵ですよ!

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知らぬが仏!?

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    「にゃーご」は、威嚇?挨拶?
    知らぬが仏なのか、固定観念を持ってない方がいいのか。何も知らない幼いねずみだから、いい結果になったのかもしれませんね。(先生の話を聞いてなかっただけかも。)

    自分の名前を言って、ポッと赤面しちゃう猫がかわいい。もともと、たまさんは心の優しい猫なんだろうなぁと思わせます。話の途中でも、食べられちゃうかも!とドキドキするより、大丈夫という気持ちが強かったです。

    掲載日:2009/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知らぬが仏

    これは、小学2年生の娘の教科書にものっているお話です。
    先生のお話を聞いていなかったばっかりに、3匹のこねずみは、猫のおそろしさを知らなかった。
    でも、知らなかったからこそ、”普通”に接してしまったんですね。
    思い切りこわがらせようとしたのに、猫がこわいものだと知らないこねずみたちの対応に、猫のほうも拍子ぬけ。
    そのやりとりが、とてもユーモラスです。
    すきをみてねずみを食ってやろうと思っている猫なのに、結局は、食べれずじまい。
    子供たちの純粋さに、大人の気持ちがいやされる、とういことはあるもの。
    でも、こねずみ君のであった猫が、本当の悪者でなくてよかったね。
    最後のページ。すごすごと帰っていく猫の後姿、なんだか、ほほえましいです。

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「にゃーご」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット