雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
あおパンダさん 30代・ママ

強い祈り
宮沢賢治の代表作品が、まさか手帳の一頁…

ふたりはいつも」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ふたりはいつも 作・絵:アーノルド・ローベル
訳:三木 卓
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:1977年05月
ISBN:9784579400805
評価スコア 4.83
評価ランキング 136
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ふたりの思い出

     「あっ、この本、英語でたくさん読んだよね」 
    表紙を見て、すぐに娘がなつかしそうに言いました。
    娘がアメリカのキンダーに入学した頃、夢中になって読んだ”FROG AND TOAD“のシリーズ。日本語で読むのは、今回が初めてでしたが、旧友に会えたような気持ちで、すっと物語の中に入っていくことができました。

     淡々としたお話の中にも、お互いを思いやる温かい心がぎっしりと詰まっていて、どれもじわっじわっと心に沁みてくるものばかりです。きっとこういうお話が、大人になってからも、心のどこか片隅に、ふわっと残っていてくれるのではないかな?と感じました。

     私も娘とふたりでいっしょに読んだ思い出を大切にしよう。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 季節感ただよって

    かえるくん、がまくんの「ふたりは・・・」のシリーズのひとつ。
    5つのお話が入っています。
    その中でも季節感のあるお話が入っています。

    「そりすべり」「そこのかどまで」「アイスクリーム」「おちば」「クリスマス・イブ」。
    そりすべりを読むと、そりすべりがしてみたいな〜。
    そこのかどまでを冬に読むと、早く暖かくならないかな〜。
    アイスクリームを読むと、アイスクリーム食べたーい!
    落ち葉を読むと、おちばの多さにびっくり!
    クリスマス・イブを読むと、クリスマスプレゼント何もらおうかな〜。
    と、子供達はいろんな想像をしながら聞いています。

    ふたりの友情は素敵だし、楽しく面白くお話を読むことが出来ます。

    掲載日:2016/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲良しの1年

    仲良しのかえるくんとがまくんの季節ごとのエピソードを集めたシリーズです。常に2人で季節を感じられるのが、とても羨ましいです。息子は、「そりすべり」と「アイスクリーム」が好きだったみたいです。そして、このシリーズの中では、いつも気遣ってもらう方のがまくんがとても活躍していて、ああ、本当にかえるくんのことが好きなんだなと微笑ましく思いました。

    アーノルドさんのこの2匹のシリーズは圧倒的に傷つけるような悪の場面がないので、安心して読めるのがとても好きです。読み終わった後の微笑ましい気持ちになるところも、とても気にいっています。

    掲載日:2012/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1年生にぴったりです

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    小学校の授業で「おてがみ」を習いますね。

    息子の教科書の本読みの宿題が、いよいよ「おてがみ」になって、
    懐かしくて毎日楽しく聴いています。

    児童書へなかなか手が出ない息子ですが、一人読みのいいきっかけに
    なりました。
    学校でやっている「かえるくんとがまくん」には、他にも色々なお話
    がある。先生が読み語りをしてくれて、興味を持って、図書館でかり
    ることになりました。

    もちろん、それだけではない、子供のこころにも響くやさしくてあったかいストーリーは
    魅力なんだと思います。
    この本には5つのストーリーがあって、四季の2匹のほのぼの笑える姿に息子も喜んで聴き
    入っています。

    ちなみに、「おかあさん、えりまきってなに?」と息子。
    古い本ですから、最近耳慣れない言葉もありますが、それもまたこの本の雰囲気にピッタリな
    感じがしました。

    掲載日:2012/02/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • アイスクリームがツボです

    • 洋梨さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子7歳

    ずっと図書館から借りてましたが、このたび遂に購入しました。
    これでいつでも読める!と、娘は大喜びです。

    5つのお話、どれも面白いのですが、娘が一番ゲラゲラ笑うのが
    「アイスクリーム」です。

    私がしみじみ思ったのが「おちば」。
    「あなたのためを思ってやってあげたのよ」
    「私って気がきくでしょ、優しいでしょ」
    正直な話、誰でもつい、そういう気持ちになると思うんです。

    がまくんとかえるくんから、またひとつ教わりました。

    「かえるだし、絵のタッチがどうも苦手、、、」
    という理由で、敬遠なさる方もいらっしゃるかと思いますが、
    がまくんとかえるくんシリーズ、ぜひ手にとってみて下さい!

    掲載日:2009/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ただ、あったかい。

    • 雪ねこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、男の子5歳

    人気のある絵本だし、今度舞台にもなったようなので、何か大人が好きそうな「べたべたの友情」とか教訓じみた内容なのかな…と思って今まで敬遠していましたが、私が図書館で借りてみました。

    ところが!

    あったかい。
    ただ、あったかい。
    そして
    おもしろい!

    お兄さんみたいなしっかり者のかえるくんと、ちょっとどんくさいがまくん。
    ふたりはいつもお互いを思いやっているのですが、その中に失敗あり、笑いありで、その思いやりがいつもいつもうまくいくわけではなくて心がふんわりあったかくなってきます。

    うちの子供たちは「アイスクリーム」のお話で大爆笑していました。
    がまくんがかえるくんの分もアイスクリームを買ったのはいいけれど、届ける途中で溶けてしまって…
    読んでいない方は一度読んでみてください。

    「クリスマスイブ」も子供達は爆笑していました。
    他にあと3冊もシリーズがあるなんて、とってもうれしい!

    掲載日:2009/04/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ふたりはいつも」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / いないいないばあ / だるまさんが / ふたりはともだち / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



西内ミナミさん、編集者・本多慶子さんインタビュー

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット