ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ふたりはいつも」 大人が読んだ みんなの声

ふたりはいつも 作・絵:アーノルド・ローベル
訳:三木 卓
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:1977年05月
ISBN:9784579400805
評価スコア 4.83
評価ランキング 138
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 四季折々のショートストーリー

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    学校の教科書にも載っているので、知っている人も多いと思いますが、仲良しのがまくんとかえるくんの四季折々のショートショート絵本です。
    「そりすべり」
    「そこの かどまで」
    「アイスクリーム」
    「おちば」
    「クリスマス・イブ」
    どれもこれも、微笑ましいお話ですが、この中に入っている中では、
    少し小さかった頃のがまくんが春を探しに行く「そこの かどまで」と、
    がまくんとかえるくんががまくんの家でクリスマスを祝おうという事になったのに、かえるくんがいつまでたってもやってこない。心配になったがまくんは……。という「クリスマス・イブ」が好きです。
    小さなお子さんがいらっしゃるご家庭でぜひ!寝物語に1話づつ読み聞かせされてはいかがでしょうか?

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋から冬へ

    よ〜く見ると、がまくんとかえるくんの衣装も冬バージョンです。防寒対策ばっちりの、マフラーや帽子、ブーツなどを身に着けて、そりすべりする姿のかわいいこと!かえるは冬はいないんじゃ・・・なんて、つっこみが入りそうですが。特に好きなお話は、「おちば」。落ち葉だらけの庭を見て、がまくんはかえるくんの。かえるくんはがまくんの家に行き、内緒でおちば集めをします。結局、互いが家に帰った後、風が吹いて元のもくあみになるのですが・・・そんなことは知る由もなく。幸せな気持ちで、がまくんもかえるくんも、おふとんに入るのでした。ともだちが喜んでくれることするのって、幸せなんですよね☆

    掲載日:2015/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • がまくんとかえるくんの1年間

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    がまくんとかえるくんの1年間のお話です。春夏秋冬と季節感があります。
    『そりすべり』では冬が苦手ながまくんをかえるくんが外に連れ出そうとするシーンで「いちばん なかよしの かえるがぼくのこと ころそうとしてるんだあ!」と叫ぶところが面白かったです(笑)。
    どのお話もあいかわらずこのシリーズは良いお話しばかりですね。
    私は春をさがしにいく『そこの かどまで』というお話が好きです。

    掲載日:2014/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が子がもうちょっと色々理解できるようになったら、この本をプレゼントしようと思いましたが、その前に私が欲しくて自分で買い揃えてしまうな、そんな本でした。アーノルド先生はこの素敵な絵もお話も、両方とも自分で書いておられるのでしょうか?だとしたら凄い!

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達への思いやり

    がまくんとかえるくんのお話はどれも優しい友情であふれています。

    5つのお話がありますが、「おちば」が好きです。

    庭におちばがたくさん落ちているので、お互いにこっそり掃き集めにいきます。
    落ち葉がきれいに片付いているので、きっとびっくりしているだろうなと、
    お互いが思って満足して帰っていくのですが、風がぴゆっ〜とふいてまたどちらの庭もおちばだらけになってしまうのですが…。

    掲載日:2014/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名作です!

    1977年の作品ですよ
    すごいですねぇ

    5話の短編集で
    何度読んでも飽きません
    小さい子でも
    おもしろさ、楽しさがわかるようです

    絵は派手ではなく
    写実的ながら
    ユーモアもあり

    季節感があるのもいいです

    お互いの個性がわかりやすく
    失敗?とか
    思い過ごしとか
    心配するとか
    わかるわかる〜

    なんといっても
    アイスクリームはおかしいです!!

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 季節感たっぷり

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子16歳

    『FROG AND TOAD ALL YEAR』が原題。
    季節の中で起こる、がまくんとかえるくんのほのぼのストーリー。
    じんわりとした味わいが感じられるのがいいですね。
    「そりすべり」冬を楽しもうとしているかえるくんに対して、
    あたたかいベッドに未練のあるがまくん。
    がまくんの意外なそりすべりの才能にびっくりですね。
    「そこのかどまで」かえるくんのおはなしから、春を待つ気持ちが伝わってきます。角を曲がってみる、そんな些細なことで楽しい気分になるなんて、素敵です。
    「アイスクリーム」かえるくんのためにアイスクリームを買いに行ったがまくんのハプニングストーリー。夏ならではの光景がほほえましいです。それにしても大きいアイスクリーム!これは魅力的です。
    「おちば」10月にぴったりの題材ですね。がまくんもかえるくんも落ち葉を見て、お互いに相手の家の落ち葉かきをしてあげようと思うのですね。この気持ちが嬉しいです。ところが、またまたハプニング。でも、幸せのおすそ分けをしてもらいました。
    「クリスマス・イブ」クリスマスパーティーの準備万端のがまくんが、
    かえるくんの訪問を心配しながら待つのです。ラストのプレゼントが素敵なオチです。

    掲載日:2012/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 季節感がすてき

    がまくんとかえるくんシリーズで一番好きな作品です。

    お互いを素直に思いやる姿には毎回ほのぼのした気分になるのですが、シリーズ中で「ふたりはいつも」のお話と挿絵が一番のお気に入りです。

    季節感にあふれていて、二人の仲良しっぷりをさらに盛り立てているように思います。

    かえる(がま)型雪だるまや、溶けていくアイスクリームにわたわたしてしまうところなど、最高です!

    掲載日:2011/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなともだちいたらいいな

    2歳の息子にはまだ早そうだったので、私だけが読んで楽しみました。

    それぞれが個性的ながまくんとかえるくんの友情の話です。とぼけた内容が多く、くすっと笑ってしまうところがいくつもありました。こんな友達いそうでいない、でもいたらいいな、と思いました。

    息子がもっと大きくなったら、今度は一緒に読みたいと思います。

    掲載日:2010/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 季節感を味わうことができます。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    かえるくんとがまくんシリーズです。
    冬の『そりすべり』春を待っている『そこのかどまで』夏の『アイスクリーム』秋の『おちば』そして『クリスマスイブ』と、かえるくんとがまくんの季節感あふれる一年間の様子が描かれています。

    相変わらず、相手を大切に思う気持ちが溢れています。そして、ふたりの周りで、ゆったりとした時間が流れているようで、読みながら、自分自身も、心が落ち着いてくるような気がしました。
    特に『おちば』では、なんとも面白い展開で、あともう一段階の工程があれば、うまくいったのになあと思うことでした。
    お互いにあまり多くを語らない、なんだかとっても素敵な関係ですね。

    掲載日:2009/09/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ふたりはいつも」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / いないいないばあ / だるまさんが / ふたりはともだち / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット