もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

サリーのこけももつみ」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

サリーのこけももつみ 作・絵:ロバート・マックロスキー
訳:石井 桃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:1986年5月26日
ISBN:9784001105902
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,095
みんなの声 総数 46
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 母心は人間もクマも同じ

    バスケットにこけももを入れず、ほとんど自分のお口に入れてしまったり、お母さんのバスケットに入れてみたと思ったら、また取り戻そうとして他の実も一緒にわしづかみ。このマイペースで自由気ままな行動が、我が子の行動と重なって見えるのはうちだけではないはず。そして、子供を気にかけつつも、目の前の仕事に注意が行ってしまい、ふと振り返ると子供がいなくなっているという事も、確かにあるある!人間もクマも、同じような気持ちで子育てしてるんだなぁとほのぼのしながら読みました。

    掲載日:2016/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 派手ではないのに

    6歳長女に借りてきたのですが、長女は自分で読んでしまったので、次女に読んであげました。ちょっと文も長めかなと思っていたのですが、絵のスペースがけっこう多めにあり、ページ数があるのに、次女はちゃんと聞いていました。熊のお母さんとサリー、サリーのお母さんと熊の子で分かれちゃった時は「違うよ、違うよー」と一生懸命に絵本に向かって伝えていました。

    カラーいっぱいの派手な絵本ではないんですが、そこが味があってとても良かったです。

    掲載日:2014/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 味わい深い

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    2色刷りの素朴な雰囲気の絵本です。
    こけももつみに出かけたサリーが、夢中になっているうちにお母さんとはぐれてしまいました。
    同じころ、こけももを食べに来た小熊も、お母さん熊とはぐれてしまい、それぞれがお母さんを取り違えてしまったのです。
    実際にそんなことがあったら大騒動ですが、サリーのお母さんの落ち着きと、子どもたちの無邪気さで、とてものどかで静かなおはなしに仕上がっています。
    絵も文章もシックで味わい深い絵本ですが、全体的に淡々としているので、娘は気に入らなかったようです。

    掲載日:2010/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「サリーのこけももつみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / りんごがたべたいねずみくん / りゆうがあります / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット