しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

とんことり」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

とんことり 作:筒井 頼子
絵:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1989年02月
ISBN:9784834007657
評価スコア 4.73
評価ランキング 876
みんなの声 総数 156
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ポストに入れる音だったのか!

    3歳2ヶ月の息子に購入しました。

    かなえの引っ越した先で、ポストにお花が入れられたり、手紙が入れられたり…
    というストーリー。
    ちょっと友達がいなくてまだ寂しいかなえの気持ちが上手に表されています。

    「とん ことり」というのは、初め小鳥の話かと思っていましたが、
    ポストに入れる音だったんですね。

    幼稚園に見学にいったときのページに、ポストにお花などを入れてくれた女の子が描かれているんですね。

    林さんの絵がかわいい。
    息子は「引っ越し」ということを初めて知ったようです。
    お花や自転車に興味を示していました。

    掲載日:2014/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達っていい!!

    我が家も2年前に引っ越してきた身なので,かなえの気持ちがよくわかり共感できる絵本でした!
    新しい町,知らない人達,引っ越してきた者の心情がよく表現されている絵本だと思います。引っ越し直後の親の忙しさも。
    我が娘は,引っ越してきた時はまだ2歳前だったため入園もしていなく,かなえとは少々違う境遇でしたが,引っ越してきたことは覚えているので「一緒だね〜」とよく言って聞いています。
    そして新しい町でもお友達のできたかなえ,本当によかったです!
    娘も引っ越してきてから近所にたくさんお友達もできたので,かなえに共感できる部分が多々あったようでお気に入りの1冊になっています。
    友達っていい!最後のページの二人の姿に癒されます。

    掲載日:2014/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • まるでひとつの映画のよう!

    この絵本を読むたびに、ひとつの映画を見終わったような感動があります。
    筒井さんと林明子さんのコンビの作品は全てそうですが、本当にストーリーもイラストも完成されてるなあと思います。
    特に、この絵本は静と動の描写がとっても秀逸で、静かな家に小さく響く郵便受けの音や、ラストに向けて「待って!」と大声をあげるシーンの対比が物語を盛り上げていきます。
    果たして、姿の見えない贈り物の主は誰?というドキドキ感も加わって、最後まで見る人の興味を引きつけ続けます。
    うちの子は3歳の男の子ですが、林明子さんと筒井さんのコンビの作品ではこれが一番お気に入り。
    姉妹の話じゃないのが、一番話に入りやすいのかもしれません。
    (男の子はあんまり妹のお世話って概念がピンときてない気が・・・うちの子だけかな?)
    なので、男の子にもお勧めですよ、とんことり。

    掲載日:2013/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子ってかわいい

    三歳になったばかりの息子に読みました。林さんの作品を持っているせいか、偶然手にして、息子に確認したら「読む」というので購入。しっかり最後まで聞き入ってました。淡々としていながらも、少しドキッとさせられますが、寝る前に読んであげてももいいお話です。
    また、私自身、引っ越しばかりしていた幼少時代でしたので、ちょっと昔を思い出されるような、懐かしくもあり・・・本はやっぱり素敵だなと改めて思う作品でした。

    掲載日:2012/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 入園の時期で・・

    • モサムネさん
    • 20代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子3歳

    息子が初めて幼稚園から借りてきた絵本。
    自分で選んだみたい。

    新しく幼稚園に通い始めて新しい友達ができてきているので、
    時期的にもぴったりな内容だ!

    表紙にひらがなで大きく「とん ことり」とあるので
    間違いながらも指差しで読んでいました。

    絵を見ただけじゃお話の内容が想像つかない絵本。
    読み聞かせがいがあった。

    お友達になってくれる女の子が、
    保育園や街中のあちらこちらから見ていてくれてるよ。うれしい。

    掲載日:2011/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • さがす楽しみも

    友達になりたいけど
    どうやって気持ちを伝えられるかな〜・・。
    そんな想いがつまった温かい絵本です。

    お花や手紙をくれた女の子、
    それらしき子が実は絵本のいろんなところで
    こちらを気にしています。
    それをさがすのも楽しめます。

    掲載日:2010/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • あそびにいこうー

    かなえちゃんと同じように女の子もお友達になりたかったのだと思いま

    す。「すみれの花束」「たんぽぽ3本」「てがみ」を、玄関の郵便受け

    に届けた女の子が愛おしく思いました。かなえちゃんがおかあさんと幼

    幼園に見学に行った時にもその女の子は、恥ずかしそうに隠れてかなえ

    ちゃんを見ていたし、なかなか声かけが出来ないでいる女の子が、勇気

    を出して、「遊びに行こうー」と言った時には、ほっとしました。

    二人が自転車に乗って飛びっきりの笑顔が可愛くて眩しかったです。

    さすが、林明子さんの絵だと思いました。ボールで遊ぶ二人の笑顔に

    読んでいても幸せになれました。

    掲載日:2010/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • すみれ、たんぽぽ、てがみ♪

    実母の影響で、昔から林明子さんの絵本に多く触れて育ちました。
    優しくて温かいぬくもりの感じられる挿し絵は本当に素敵です。
    ぜひ、手にとってページをめくってみてください。

    上の娘が3歳の時、初めてこの「とん ことり」を読んであげました。

    初めて越してきた山のみえるまち。
    日中、忙しく引っ越しの片づけをするお母さんの傍らで
    ひとりつまらなそうに遊ぶ女の子「かなえ」の姿が
    とてもいじらしく描かれています。
    (おはじきをする姿が懐かしく可愛らしいです♪)
    そんなかなえのもとに「とん、ことり」という音とともに、
    毎日、差出人のわからない贈り物が届きます。
    最初はすみれ、次はたんぽぽ、その次はお手紙。
    そしてまたあの音がして、おりがみの人形が届いた時、
    かなえは勇気を出して玄関のドアをあけました。
    すると、とっても嬉しい出会いが待っていました。

    娘はこの「とん、ことり」というフレーズよりも、
    絵本の中でかなえちゃんがつぶやく
    「すみれ、たんぽぽ、てがみ・・・。」
    という、台詞が大のお気に入り!!
    読んであげた時のリズムが良かったのか?
    「すみれ、たんぽぽ、てがみ!」
    と後から何度も繰り返し口にしていました。

    また、絵本の中の「かなえ」の部分を娘の名前に置き換えて
    お話してあげると、とても喜びました!!

    今思えば、幼稚園に入園する前の娘の不安な気持ちと
    お友達がいなくてつまらないというかなえちゃんの気持ちが
    ちょうどぴったり合っていたのかな?と思います。

    掲載日:2009/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心温まる絵とストーリー

    • モコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    最近字が読めるようになった3歳の息子が「とんことりってどういう意味?」と言って選びました。

    引っ越してきたばかりのかなえちゃんのところに、とんことりという音とともに小さなプレゼントが届きます。いったい誰が届けてくれるのでしょうか?

    場面はほぼ家の中だけで登場人物も少ないのですが、誰が何のために届けてくれるかわからないドキドキ感とラストシーンの温かさに心打たれました。

    転勤族なのでうちの子供たちも新しい環境に戸惑うことがでてくるかもしれないけれど、少しの勇気でお友達ができることを覚えていてほしいなぁと思います。

    「とんことり」という幸せな音を題名にしてしまうセンスにもとても惹かれます。心が温まる素敵な絵本です。

    掲載日:2009/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぞの郵便物

    引っ越してきたばかりのかなえの家に、謎の郵便物が届きます。
    ドアを開けても誰もいません。
    次の日もそれが続きます。きっと自分に誰かがくれているんだ!と思い、
    ドアを開けその送り主を追いかけます。
    お友達になりたかったけど、恥ずかしくて言えなかったんでしょうね。
    最後に、一緒に遊んでいるシーンはジーンと心にきます。

    我が家も子どもが主人公のかなえちゃんと同じ年齢の時に引越し経験があるので、
    連動させてしまいます。
    引越しする子は、「別れ」を経験します。
    引越しは寂しいだけではなく、「出会い」もあると言う事が書かれていて、
    これから引越しが決まっているご家庭に是非読んで欲しい作品です。

    掲載日:2008/10/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「とんことり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / とけいのほん 1 / おちゃのじかんにきたとら / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(156人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット