十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

とんことり」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

とんことり 作:筒井 頼子
絵:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1989年02月
ISBN:9784834007657
評価スコア 4.73
評価ランキング 875
みんなの声 総数 156
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 良かったね、かなえちゃん

    まだ友達もいない見知らぬ土地に引っ越してきて、つまらなそうな暗い表情の続く少女ですが、ポストに謎の贈り物を入れてくれていた人の正体が判った後のページでは、とびきりの笑顔が描かれていて、思わずこちらも笑みがこぼれそうになりました。ラストで、一面に描かれた眩しいばかりのタンポポ畑も、かなえの嬉しい気持ちを表現しているようで素敵です。

    掲載日:2016/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おともだち

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    引っ越ししたばかりの小さな女の子のお話。
    知らない場所、知らない人だらけではたしかに不安でしょうね。
    引っ越しではないけれど、うちの子ももうすぐ入園でちょっと心配。
    このお話のようにおともだちができるといいな。
    すてきなお話でした。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇気をもって言ったひと言、「いっしょにあそぼ。」
    小さい声であってもそのひと言が言えたからこそ、ふたりは友達になれた。
    最後のほうのページの楽しくてたまらないという様子の二人の絵をみるにつけ、行動できたその女の子の勇気に感動を覚える。

    親の知らないところで、子ども達は勇気をふりしぼって、自分の世界−友達の輪をつくりあげようとしているんだなと思うと、幼稚園に行ってからの加速度的な成長ぶりに納得がいく。

    かなえちゃん、よい友達にであえてよかったね。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • お友達

    引っ越しはしていないものの、息子が新しい保育園に通うことになったことを思い出します。
    遊ぶ友達がいなくって、少しつまらなそうな顔をしていたことや、お友達ができた時のとてもうれしそうな笑顔。
    絵本を読んでそんなことを思い出して、きゅんとしました。
    お友達ってほんとうにいいね!

    掲載日:2014/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新しい出会いの季節

    『はじめてのおつかい』や『こんとあき』、『あさえとちいさいいもうと』など、林明子さんの描く女の子は、いつも本当に愛らしくて大好きです。
    この絵本の主人公もかなえちゃんという女の子。引っ越したばかりの場所で、不安いっぱいです。
    春は新しい出会いの季節。この絵本のような風景がどこかしこに見られるのではないでしょうか?同じようにドキドキしている子にぜひ読んであげたいです。

    掲載日:2014/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちはいいです

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     こどものともは、こどものための絵本だと思ったら、大まちがいです。
    「とん ことり」に、家族三人、父母娘がとてもとても大切なこと、当たり前すぎてだれも気にもとめないようなこと、わかっていそうで本当は何もわかっちゃいないことを、教えられたように、深く感じました。
     「とん ことり」の響きを耳にするだけで、なんだか涙がにじみます。よい本を届けてくださった筒井ー林ー福音館書店に、感謝いたします。

    掲載日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 引越したばかりのおうちで・・・。

    • ミモザさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、

    引っ越してきたばかりの家の郵便ポストから「とん ことり」の音。毎日いろいろなプレゼントが届いて、これは一体なんなのか。
    娘は展開にドキドキしていた様子です。
    主人公の、引っ越してきたばかりでちょっと不安でつまらない様子がよく描かれていました。
    それにしても、引越し片付けで忙しいお母さんの姿がちょっと寂しいですね。忙しい時ってついつい子供の声を聞き流しがちだけど、ちょっと気をつけようと反省もしました。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供は強し

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、男の子0歳

    我が家も転勤族で転勤を余儀なくされており
    子供も様々な思いを抱えながらついて来ています
    本当に表面はワクワク楽しんでいるようでもたくさんのお友達に見送られて、がらーんとした我が家を背に新居に向かう複雑さは
    想像するだけで胸が張り裂けそうになります
    でも大人が思うほど子供は弱くなく
    大人よりはるかに柔軟性があり強いのです
    そんなパワーを改めて実感した素敵な絵本です
    切なさも抱えつつ、でも前に向かい強く進む女の子。
    我が家の息子もたぶん自分のことのように読んだ絵本だと思います

    掲載日:2011/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 共感しながら読みました。

    • まゆしおんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子9歳、男の子7歳

    我が家は転勤族。引越しも子どもが小さい頃からの家族の恒例。
    小さいながらも、どこか自分と重ねていた娘。
    二人で遊ぶ最後のページ。読んでいる私のほうが拍手の音が大きくなっていた。

    掲載日:2011/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 引越しに憧れていた娘

    最近娘の保育園のお友達が引越してしまい、
    娘は寂しがるかと思いきや、
    自分も引越ししたいと何故か憧れている様子。
    「引越しするとお友達がいなくなって寂しくなるよ。
    そこからお友達を作って遊べるようになるまで大変なんだよ」
    と説明していたのですが、それでもいいと言ってました。

    この絵本を見て更に憧れたらどうしよう
    と思っていたものの、
    始めのかなえの寂しそうな様子を見て何か感じ取ったのか、
    引越ししたいとは言わなくなりました。
    ラストの笑顔を見て、いつも少しほっとした様子を見せています。

    うちは引っ越す側ではありませんが、
    引っ越してきたお友達、保育園に入ってきたお友達、は
    寂しいことがあるので、遊びに誘ってあげたりしてあげて欲しいな、
    という気持ちが、言葉に出していませんが伝わってるといいなと思います。

    掲載日:2011/04/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「とんことり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / とけいのほん 1 / おちゃのじかんにきたとら / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(156人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット