十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ランパンパン インドみんわ」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

ランパンパン インドみんわ 作:インド民話
絵:ホセ・アルエゴ
訳:山口 文生
再話:マギー・ダフ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1989年
ISBN:9784566002814
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,605
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  インドの昔話です。
     くろどりの亭主が、王様に連れ去られた奥さんを連れ戻すお話です。
     くろどりは、太鼓をもって王様のところへ向います。その太鼓をたたく音が、「ランパンパン」。途中、王様にひどい目にあわされた、猫と木の枝と、川と、アリが仲間に加わります。
     王様は、次々にくろどりに試練を与えますが、仲間の力を借りてすべて乗り越えます。最後には、王様は、降参しくろどりの奥さんを返してくれます。
     絵の色彩がとてもきれいです。どこか和の雰囲気を感じます。
     くろどりが、仲間の持つ力をうまく使い試練をくぐりぬけていくのが読んでいて気持ちいいです。適材適所の妙を感じます。
     また、最後まであきらめないことの大切さや夫婦の愛も伝わってきます。
     インドという長い歴史を持つ国の昔話なので、いろいろな知恵が詰まっているのでしょうか?
     読めば読むほどいろいろなことを感じられる絵本だと思います。

    掲載日:2009/09/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ランパンパン インドみんわ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット