30000このすいか 30000このすいか 30000このすいかの試し読みができます!
作: あき びんご  出版社: くもん出版
ある夜のこと。30000このすいかが「食べられてはたまらん!」と畑から逃げ出した! すいかたちの脱走劇の結末はいかに!?

みどりいろのたね」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

みどりいろのたね 作:たかどの ほうこ
絵:太田 大八
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1988年
ISBN:9784834007671
評価スコア 4.75
評価ランキング 681
みんなの声 総数 50
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 笑い死にしそう

    • にゃんチキさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    さいたま市「心を潤すこの1冊」こども100選
    で紹介されていたので、図書館で借りました。
    2年生の長男のために借りたのに、寝室で年長の次男も交えて読み聞かせをしていると、次男の笑いが止まらない。
    それもそのはず、この本は、文章もさることながら、絵に、なんともいえない味があり、私がアメやマメの表情を顔真似しながら読んでいるからなのです。
    読み聞かせは、子どもの受け取り方を大切にするため、あまり感情を込めて読まず、淡々と読んだ方がいい、とおっしゃる方もおりますが、あまり形式にとらわれず、親だって、ふざけたいときはふざければいいと思います。そのことによって、子どもが喜ぶならば。。。

    昨日はハイキングに行ったのですが、次男はこっそりリュックサックに忍ばせていて、電車の中で、公園で、河原で、ゲラゲラ笑いながら何度も読んでいました。

    掲載日:2014/05/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 楽しい!

    緑色のたねたちとメロンあめのユニークなやりとりが表情豊かでとても面白かったです。できあがったエンドウ豆、どれくらいあまいのかな?など、色々と想像が膨らみました。寝る前の読み聞かせで、「もっかい読んで〜」と何度も言われてしまいました^^

    掲載日:2017/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 豆とあめの大げんか

    学校の畑にえんどう豆の種をまくことになったまあちゃん。
    先生から種をもらい、クラスのみんなと一緒に種まきをしたのはいいのですが、うっかり者のまあちゃんは、その時なめていたメロンあめまで一緒に畑にうめてしまいます。

    お日様が照っても、いっこうに水をもらえない、まあちゃんのえんどう豆たち。
    それでも平気な顔をしてすましているメロンあめ。
    ついには、暗い土の中で、豆とあめの大げんかが始まります。

    「つまるやつか つまらんやつか いちど ぼくを なめてみるがいい!」

    メロンあめの挑発に、思わずひるむえんどう豆たち。
    でも、のどはからから、お腹もぺこぺこ。
    とうとう思い切ってなめてみることに。

    メロンあめをなめて元気になったえんどう豆は、すくすく成長して・・・。

    最後の結末には、まあちゃんも先生も、クラスのみんなもびっくり。
    娘も「わあ、すごい!私もやってみたい!」との一言。

    まあちゃんと同じく面倒くさがりの私ですが、来年は、まあちゃんに習って、あまーい豆作りにチャレンジしてみようかな。
    でもやっぱり、水遣りは忘れずに、ですね。

    掲載日:2014/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヘンテコな種たち

    この話は怠け者の女の子に埋められた5つの種と、一つのあめ玉がいろいろお話をしながら大っきくなって種をつけるお話でした。あめ玉と種たちの会話がとっても面白くって、うちの子はゲラゲラ笑って見ていました。水ではなく、飴をなめて育った種たちは普通とは違った実をつけていました。子供にとったらとっても夢のある実だったのですが、それは読んでのお楽しみです。

    掲載日:2013/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白すぎたー

    ちょっと長めのお話を読むようになった長女5歳に借りました。「まめの話なんて本当におもしろいのか」と半信半疑で借りたのですが、とーっても面白かったです。まあちゃんのまいた豆5粒。その時にまあちゃんは自分でなめていた緑のキャンディも一緒に埋めてしまいます。お水をあげるのを忘れてばかりのまあちゃん。地面の下でされる豆たちとキャンディの会話。もうとっても面白すぎます。長女もすっごく楽しんでいて、「こんなことないやろー」と言いながら笑っていました。

    そんなに長くもなく、絵も割とたくさん描かれていて、3歳次女もわかるお話でしたよ。

    掲載日:2013/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「みどりいろのたね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ねこのさら
    ねこのさらの試し読みができます!
    ねこのさら
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    この夏、らくご絵本を読んでみよう!あれっ、この皿はもしかして・・・


双子のももちゃんとはなちゃんがくりひろげる、たのしい世界!

みんなの声(50人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット