しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

雪のかえりみち」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

雪のかえりみち 作:藤原一枝
絵:はた こうしろう
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年
ISBN:9784265034581
評価スコア 4.74
評価ランキング 826
みんなの声 総数 46
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 寒いけど心温まる雪の日の冒険

    突然の大雪で早下校して帰る小1のゆい君の大冒険。
    一人でバスを乗り継いで帰る道は、なかなか来ないバスと寒さで涙まで出てきてしまいました。
    そんなゆい君を励ましてくれた青年、手袋をくれたおばさん。
    とても大切な経験でした。
    やっとの思いで帰ったら、小4のお兄ちゃんはお母さんの職場によってお金もらってタクシー帰り。
    先に帰宅していました。
    その後のお兄ちゃんの行動が素晴らしい。
    暖かい飲み物を作ってくれたり、ドライヤーで髪を乾かしてあげたり…。
    こんな経験をしながら、二人とも育っていくんだな〜。

    寒いけれど心温まる絵本。
    残念ながら一人っ子には寂しいかもしれません。

    掲載日:2010/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心ほかほかしました。

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子7歳

    雪道を1人で帰る男の子の気持ちに、読んでる私もなってしまい、
    心ぼそさを感じ、そして、周囲の人たちのあたたかさを感じました。男の子のお母さんの気持ちにもなりましたねえ。男の子が、手袋もせず、寒さをこらえて帰り着こうとする姿は、母からするとたまりません。
    でも、雪の日の思い出って、だれもが持っているものではないのかなあとも思いました。雪が降ったときの学校でのようすや、雪が降ったときの交通渋滞、積もった雪で雪だるまをつくった思い出。私も、この本を読むと、いろいろと思い出してしまいました。
    雪がいっぱい降った日に読みたいですね。外は寒くても心はほかほかしてきます。

    掲載日:2010/03/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「雪のかえりみち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / からすのパンやさん / くっついた / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット