庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

だんだんやまのそりすべり」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

だんだんやまのそりすべり 作:あまん きみこ
絵:西村 繁男
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2002年11月
ISBN:9784834018998
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,040
みんなの声 総数 35
「だんだんやまのそりすべり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しいそり遊び

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    雪の降る地域に住んでいるにもかかわらず、4歳になってはじめて雪遊びデビューを果たした娘。
    真っ白な世界にすっかり魅了され、はしゃぎっぱなしでデビュー初日を終えました。
    そんな娘ですから、この絵本はとってもタイムリー。女の子のいっちゃんと、キツネの子のいっちゃんが、怖さを克服してそりすべりを楽しむ様子を興味津々で見ていました。
    人間の子どもも、動物の子どもも、みんなでそりすべりを楽しめるだんだんやま。
    こんな場所があったら素敵ですね。
    娘も「また雪で遊びたい」気分が盛り上がった様子でした。

    掲載日:2010/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ソリの楽しさ

    冬になると、毎年何度かはソリ遊びに行く我が家。
    4歳の息子は、ソリに乗ることは楽しいけれど、一人でソリに乗るのは怖がっています。
    そんな息子に、ソリ遊びの楽しさが伝わればいいなと思ってこの本を読んでみることにしました。

    お友達と一緒にソリをもって雪山にのぼるいっちゃん。
    でも怖くて滑ることができません。
    ふと見ると、同じようにソリが怖くてお友達から一人取り残されたキツネのいっちゃんが・・・。

    女の子のいっちゃんと、男の子キツネのいっちゃん。
    同じ名前を持つ二人が怖がりという共通項で仲良くなる様子が微笑ましいです。
    そして2人は、勇気を出してソリすべりに・・・。
    一人では出来ないことも、2人ならなんとかなる。
    そういうことってありますよね。友達の力って素晴らしい。

    読み終わった息子は「またソリ遊び行きたいね」と言っていました。
    自分と同じようにソリが怖かったいっちゃんたちにすごく共感できたようです。

    冬、雪遊びの時期にお勧めの絵本です。

    掲載日:2009/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な共通点

                                  
    この作品とは、作家のあまんきみこさんを読むにあたり、色んな方
    に絵をつけてもらっている作家さんなので、まずは僕が好きな西村
    繁男さんの作品からといういうことで選びました。

    西村繁男さんのほのぼのした絵は、どの作品も肩の力を抜いて安心
    して読むことができますし、どこか郷愁を感じるところも堪らなく
    好きな理由です。

    あまんきみこさんの作品は、たまたま同時に読んだ「きつねのかみ
    さま」もそうでしたが、同じ名前を持った人と動物の交流を題材に
    していて、人の言葉が通じる動物と出会えた不思議さと、動物の方
    から人を受け入れてくれる温かさや、素直な子供の甘酸っぱい気持
    ちがよく現れていて、とても受け入れやすい作品を書かれる作家さ
    んという印象を持ちました。
    と同時に、不思議な共通点のある作品に出会えたことが面白かった
    です。

    同じシチュエーションで出会った人とキツネの“いっちゃん”が、
    名前が同じという不思議さ以上に、実は同じ悩みを持っていること
    で親近感を感じたり、偶然も後押して悩みを解決していく様子や、
    できなかったことができた達成感と嬉しそうな表情、また、お友達
    の歓喜の様子などは、“そりすべり”ということだけでなく、まだ
    まだ経験の少ない息子には、何かしら今後の励みに感じてくれて
    いたら嬉しいとなぁ、微笑ましく読み聞かせすることができました。

    今度は、保育園の仲良しでありケンカ相手でもあるお友達の名前と
    息子の名前に置き換えて読んであげたら喜ぶかなと思いました。

    掲載日:2008/08/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「だんだんやまのそりすべり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / ぐりとぐら / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット