虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

ぼちぼちいこか」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼちぼちいこか 作:マイク・セイラー
絵:ロバート・グロスマン
訳:今江 祥智
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1980年06月
ISBN:9784032012309
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,770
みんなの声 総数 222
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • いいお話、でも息子には、、、

    主人公のキュートなカバくん。
    なりたいものがたくさん。
    消防士、船乗り、パイロット・・。
    でも、残念なことにそれぞれ理由があってなれません。
    それでもめげずにのんびりマイペースなカバくん。
    「前向き、前向き、自分のペースでね。」と息子に伝えたくて図書館で借りてきました。
    4歳の息子にはちょっと伝わらなかったようで、いまいちの反応。
    私の方がいいお話だな、と気に入ってしまいました。
    もう少し大きくなってから読んであげるとまた違った反応をしてくれるかな、とめげずに購入して読み聞かせようと思っています。

    投稿日:2011/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子で楽しみながら読みたい絵本

    最初は私自身がこの絵があまり好きではなくスルーをしていたのですが、絵本の内容に惹かれて購入しました。繰り返し読んでいくと、何をやっても諦めないカバ君の前向きさがかわいく感じ、知らず知らずのうちに読んでいる側の気持ちをリラックスさせてくれます。息子はどうしてカバ君が失敗ばかりするのかよくわかっていませんが、その失敗を見て楽しそうに笑っています。パイロットになったカバ君を見て「どうしてひこうできないの?」と聞いてきたので「重たかったからじゃない?」と答えたところ、少しずつピンとくるようになったようです。けれど、内容がわかる云々よりも、楽しむ絵本だと思います。親子で読んで肩の力を抜くのにちょうどいいと思います。関西弁はまったくわからないけれど、のほほんとした雰囲気は伝わってきて、読んでいて楽しくなりました。

    投稿日:2011/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • きっといつか、かばくんに合った仕事が。

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子4歳、男の子1歳

    関西弁のかばくんが主人公。
    なんともゆったり、おおらかなムードが漂っています。

    かばくんは、いろんな職業に挑戦しますが、その体の大きさ・重さゆえに
    ことごとく失敗してしまいます。
    でも、「どないしたらええのんやろ」と、あくまで、の〜〜んびり。
    へこたれず、前向きで、ユーモアあふれるかばくん。
    「ぼちぼちいこか ということや」
    諦めてるわけじゃなく、ある意味したたかなんですよね★

    職業柄、たくさんの会社の求人をお手伝いしてるのですが
    ひとつやってみてうまくいかなくたって、
    世の中には数え切れないほどの職業があります。
    かばくんの体の大きさや力を必要としてる場所がどこかにあるはず!
    焦らずのんびりチャレンジしていけば、
    いつかきっと自分に合った仕事があるよ!
    なんだか、かばくんを応援したくなってしまいます。

    面白く読めるのにメッセージ性もあって、素敵な絵本です♪

    投稿日:2011/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • テンポがいい!

    • ススワタリさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    関西弁の絵本ってなかなかないですよね。
    見つけた時はちょっとおもしろそうだなあ〜という感じでしたが、読んでみるととっても楽しい!
    テンポが良くて読みやすく、私の方が楽しんでしまいました。

    投稿日:2010/08/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大阪弁がいいのかな

    外人さんの作品なのに絵本を開いてみると『大阪弁』!
    このフレーズがおもしろい。
    何の職業についてもなかなかうまく行かないかばさん・・・
    でもこの「ぼちぼちいこか」のフレーズが焦らずにじっくりねと・・・
    この言葉なんにでも当てはまるかも。
    私達親子にも焦らずにと言われているようでした。
    でも大阪弁で読むのは難しい。
    このアクセントで合ってるのかなと悩みながら読み聞かせしました。

    投稿日:2010/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑い声という「あいの手」

    幼稚園などでの読み聞かせした経験からすると、
    この絵本を見る子ども達、最初はすごく静かなんです。
    でもそのうち誰かがクスっとし始め、笑い声があがり、やがてみんなが笑う…
    そして、「もういっかい、よんで〜」と、リクエストの声!

    家での読み聞かせでも、笑いのツボに入ったら最後、リクエストの嵐、となりました。
    子どもたちの笑い声という「あいの手」とともに、ページをめくっていきました。

    この絵本、もうこの関西弁の訳なしには考えられないほど、
    今江祥智氏による関西弁の訳がピタリとはまっています。

    消防士に船乗り、パイロット、バレリーナ…
    いろいろ挑戦するものの、失敗ばかりのカバくん。
    そんなカバくんに大笑いした後の、「ぼちぼち いこか」というメッセージ。
    失敗してしまった時などに、このコトバをふと、つぶやいている私です。

    投稿日:2009/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢は大きくゆっくりと

    • たに吉さん
    • 30代
    • ママ
    • 鳥取県
    • 女の子5歳、男の子2歳

    娘が幼稚園で読んでもらった本なのですが
    言葉のリズムがきにいったのか、おおらかなかばくんが気に入ったのか
    文章を覚えるほど聞き入って、その日に教えてくれました。
    早速借りてみて読んでみると、アラびっくり
    私も大好きな本になりました。

    失敗なんか全然怖くない。むしろ楽しい。
    どんどん挑戦していくかばくん。
    そうそう、ゆっくりあせらず行きましょう。

    投稿日:2009/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 関西弁が楽しい!

    • ごらむさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    関西弁の題名がおもしろいな〜と思い、なにげに読んでみたら、なぜかとても癒されました。
    かば君がいろんな仕事に挑戦するけど、どれも失敗ばかり・・
    最後には、どないしたら ええのんやろ と悩みむけれども、ええこと おもいつくまで ひとやすみ ぼちぼちいこか との〜んびり。
    これを読むと、なんだか肩の荷がおりたような気分になりました。

    息子は予想通り関西弁に大うけ!
    それに、カバ君のかわいい失敗の連続に、ニヤニヤ、ニヤニヤ。

    カバ君のなんともいえない顔に癒され、関西弁で笑い、最後のぼちぼちいこかでまた癒され、楽しいだけの絵本ではないところがとても気に入りました。
    疲れた時や何かに行き詰った時などにも読み返したい一冊です。

    投稿日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表情豊か!!

    関西弁で読むのは難しかった〜

    カバくんがいろいろな職業にチャレンジして失敗して・・・
    失敗した時のカバくんの顔が好きです!!
    あれ?って表情や、せつなそうな表情・・・
    息子とカバくんになりきって真似っこしました。
    楽しかったです!!

    ぼちぼち、いこか
    4歳の息子には???な言葉だったかもしれません。
    でも心に残る言葉だったと思います。

    カバくんが沢山チャレンジしたものの中から何がやってみたい?
    って質問は子供なりに考えた気持ちが聞けて面白かったですよ。

    投稿日:2009/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛読書ナンバー1

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    「うんちっち」と同じくらい、息子が今大好きな絵本です。
    関西弁を忘れた関西出身のパパが、関西弁を思い出す練習もかねて、息子に読み聞かせています。

    最初は、関西弁なので意味が分かるかな?と心配しましたが、息子はオチごとに大爆笑です。

    特に、かばくんが大きくなったら、「ふなのりは、どうやろうか。」−> 「どうも こうも あらへん。」はツボに入ったようで、読む前から顔がニヤニヤしています。

    パパはというと、まだまだ不自然な感じがするので、何度も読み聞かせながら、本来の関西弁の自分を取り戻す特訓中です。関西とは関係のない地方出身の私の方が案外上手かも?!

    投稿日:2008/05/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼちぼちいこか」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット