くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …

いわしくん」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

いわしくん 作・絵:菅原 たくや
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1993年
ISBN:9784579403387
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,755
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いただくこと

    いわしを通して、命をいただくことが考えられると思います。
    魚はどうやって、食卓に届けられるのか
    食べることは、、自分の体をつくること
    テーマとしては大切なことばかりです。
    難しくなりがちですが、簡潔な文章と親しみのある絵で、わかりやすくなっていると思いました。
    きっと、小学生になってからのほうが、より理解できるのだろうと思います。

    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • さっぱりすっぱりすっきり

    サッパリとした絵と同じように、すっぱりとしたいわしくんの一生プラスαが描かれています。
    その生き様に、すっきりとした感動が得られました。

    漢字交じりの文ですが、ふりがながあるので子どもにも読めます。
    最後の2ページの、プールで泳ぐ「ぼく」と「いわしくん」を見比べて、
    「どっちも泳いでるんだ・・・」と感慨深げにつぶやいている息子が印象的でした。

    掲載日:2011/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食育って言葉より分かりやすい

    • 1姫2太郎ママさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子16歳、男の子14歳、男の子 6歳

    この絵本のお勧め文を読んだ。新刊ではなかったのにとても惹かれる内容だったのですぐに図書館で検索をし、早速借りてきた。表紙の「いわし」絵もあまり見たことのない魚の正面顔が愛嬌良くこちらを見ている。日本海で生まれた僕、鰯。と自己紹介から始まり、漁によって港へ行き、食卓へ来て、体の一部になるというまさに食育のお話。きっとこの絵本が描かれたときは「食育」なんて叫ばなくても、自然の摂理やいただきますの精神が大人から親から子供達へ伝えられていた時代だったのかと思った。シンプルが何より、と感じた。6歳の息子も、いわしくんの「僕」と鰯を食べた「僕」が一緒に泳ぐシーンは、頭の中でピッタリしっくりしたようで大満足気な顔だった。きっと魚を食べるとき、肉を食べるとき、野菜を食べるとき”いただきます”に気合いが入りそうだ。もっと皆に知ってもらいたい1冊である。

    掲載日:2011/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地球の一部なんだね

    食物連鎖、命の営みについて、これほど簡潔に書かれた本は初めてです。
    少ない文章で、わかりやすく愛らしい絵で、突然捕えられて私たちの食卓にのぼるまで、そして食べられた後も、体の一部として生きているというのがス〜ッと入ってきました。
    一緒に生きていることはよく話していたのですが、こうして水の中に戻ってこられた実感として伝えると、より頭に残りますね。

    躾という意味ではなく、私たちが地球の一部なのだというネイチャーな意味で食育となる絵本ではないでしょうか。
    スーパーの食材がどこからやってきたのか、日常生活と共にどうぞ。

    掲載日:2008/08/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いわしくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / キャベツくん / かばくん / もこ もこもこ / いないいないばあ / あっちゃんあがつく たべものあいうえお / うんちしたのはだれよ! / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


「学研の幼児ワーク」<br>編集者・工藤香代子さんインタビュー

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット