もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

月ようびはなにたべる?−アメリカのわらべうた」 大人が読んだ みんなの声

月ようびはなにたべる?−アメリカのわらべうた 作・絵:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1994年05月
ISBN:9784033276007
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,424
みんなの声 総数 43
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 元気がでる

    うたをしらずに読んだのですが、エリック・カールの色あざやかな絵にくぎづけになりました。ほんとに、元気がでる絵です。
    動物と食べ物って、子どもたちのすきな最強の組み合わせのように思います。興味がでて、うたも聞いてみました。おぼえやすいうたでした。
    うたと絵、両方たのしめる絵本です。

    掲載日:2016/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本うたを聞いて、繰り返しのメロディと文章がとても印象的で、すぐ覚えました。

    気になって絵本を探してみると…見たことある!この絵本だったのか!とびっくり。
    それほど表紙の黒猫のインパクトが強かったです!

    この絵本を読むと、一週間のごはんのメニューを考えたくなりますね。
    一週間すきなものだけ食べられたら、幸せだろうなぁ…

    それにこの曜日はこれを食べよう!と決めていると、待ち遠しくていつもよりおいしく感じそうです!

    ごはんを食べるのが、とっても楽しくなる絵本ですよ!

    掲載日:2014/01/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな食べ物と動物が登場します。
    誰が何を食べるのか,ついつい覚えちゃいます。
    最後のページには歌ものっているので,
    楽しみながら,歌いながら,
    ぜひ読んでみてください♪

    掲載日:2011/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「おなかの

    アメリカのわらべ唄が、絵本になったもののようです。

    歌いながら見る絵本、となっていますが、残念ながら
    歌えないので、純粋に絵本として読ませてもらいました。

    月曜から日曜まで、カラフルな動物たちと共に、食べ物が出てきます。
    食べることを前提としているので、この絵本を読んだ後は、
    食欲が増しそうです(笑)

    歌詞の最後に、
    「おなかの すいたこ みんな おいで」
    「おなかの すいたこ さあ たべよう」

    とあるのですが、”みんなで食べる”というところがまた良いですよね。
    楽しい食事は、楽しい食卓からってことが、よく伝わってきます。

    「家族みんなで、さあ食べよう!」そんな気分にさせられる、素敵な一冊です。

    掲載日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • エリックカールさんは夢のある人ですね。
    おなかの すいたこ みんな おいで 

    わらべうたがいいですね 
    まだ 自分では うまく歌えません・・・・
    CDがあれば 聞いてマスターして 歌えばたのしいでしょうね
    へびの スパゲッティは 絡まって食べにくそうかな
    ゾーーープと しゃれを言うのもおもしろい!
    猫の目のリアルさ キツネがチキンをくわえているのは とてもリアルです。

    さるのアイスクリームでホッとしました。
    絵のカラフルさ

    みんなで美味しそうにたべている 車いすの男の子も一緒に 
    みんな みんな 食べることは大好きね!
    平和な時間ですね こんな平和さがありがたいです

    わらべうたがうまく歌えたら 子供たちに読んであげたいです。

    ピアノでならしているんですが・・・・
    なかなか うまくいきません(苦心しているところ)

    掲載日:2010/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しく食べましょう!

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    これは、アメリカのわらべ歌。
    月曜日から、日曜日まで、動物たちが、色々な食材を持ってきてくれます。
    月曜日、ハリネズミの針に刺さっているのは、『さやいんげん』
    火曜日、ヘビの体に巻きついているのが、『スパゲッティ』
    こんな感じで一週間。

    そして「お腹のすいたこ みんな出ておいで」

    くり返しのなかで、食材は一品ずつ増えていき、みんなで食べる楽しい雰囲気が伝わってきます。

    単純な繰り返しですが、リズミカルに歌うことで、食べる楽しさが倍増しそうです。

    ダイナミックな絵は相変わらず。色々な技法で、その迫力が画面いっぱい伝わってきて、目にもおいしい一冊です。

    掲載日:2009/04/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「月ようびはなにたべる?−アメリカのわらべうた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット