もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー 作・絵:ジョン・バーニンガム
訳:たにかわ しゅんたろう
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1988年09月
ISBN:9784251005175
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,694
みんなの声 総数 59
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 面白いです

    4さいの長女が幼稚園で借りてきました。

    ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシーという男の子。いつも
    あり得ないことが起こって、学校に遅刻。正直に先生に言うのですが、先生はあり得ないと決め付けてしまいます。

    先生酷いなあと思いながら、私もきっと信じないだろうなと思いました。この絵本を読んで、こんな大人になっちゃったか・・・とちょっと反省しました。

    長女は毎回の事件が面白かったようで、笑ってみました。

    毎回「ジョン・パトリック・ノーマン・ヘネシー」と呼ばないといけないとこがたくさんあって、リズムはいいんですが、疲れてしまった母です・・・。

    掲載日:2012/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • シュール

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    いつもいつも遅刻ししまう男の子。
    ちゃんと間に合うように家を出ているのに、途中で必ず邪魔が入るのです。
    しかもにわかには信じられないような、ありえない邪魔が。
    遅刻した理由を話しても、先生は信じてくれません。
    まぁ、信じられないのも無理はないとは思うのですが、まったく耳を傾けようとせず、一方的に罰を与える先生は、だんだんと悪魔のように見えてきます。
    でも、子どもの言うことなんて信じられない、悪いことをしたら嘘をつくに決まってる・・・なんて思っている大人も少なからずいるんじゃないかな。
    最後はきっちりリベンジをきめるジョン。
    子どもに信じてもらうためには、まず私たち大人が、子どもを信じてあげないといけませんね。
    とてもシュールな内容ですが、繰り返されるジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシーという名前が文章をリズミカルにしていて、この絵本を軽やかな雰囲気にしていると思います。

    掲載日:2010/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ねえ、どれがいい? / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



おそろしくも愉快な『カレー地獄旅行」!「ひげラク商店」安楽雅志さんインタビュー

みんなの声(59人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット