ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー 作・絵:ジョン・バーニンガム
訳:たにかわしゅんたろう
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1988年09月
ISBN:9784251005175
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,355
みんなの声 総数 58
「いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ありえないことが次々と

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー・・・長い名前!!でも、何回か繰り返し読んでいくうちに、リズミカルにさえ思えます。

    登校途中でありえない事態が起こって、遅刻。遅刻理由を言っても嘘をついていると思われ、罰を受ける彼。文句もいいわけもせずに。本当のことを言っているのに、罰を受ける気持ちってどんなものだったしょうね?私なら、先生に嫌悪感を覚えるなぁ。

    教育的な文言があるわけでもなく、答えがあるわけでもなく、何が起こっても淡々と物語が繰り返されるので、不思議な読後感があるかもしれません。

    掲載日:2009/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろ想像してごらん

    ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー。
    とんでもなく長い名前ですが、絵本を読み終えた頃には、耳に焼き付いています。
    この名前が、何度出てくることか。
    ごろがいいのか、だんだんとリズムが出てくる感じです。
    このジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー、学校までの道のりの険しいことと言ったら...

    こんなことってある?
    ぜったい誰も信じてくれないでしょう。
    学校へ行く途中で、ライオンに出会ったとか、高潮にさらわれたとか、わにがマンホールから現れるとか...

    でもね、先生がゴリラにつかまることを考えたら、こんなこともあるかもね。
    世の中には不思議なこともあるもんです。こんなこともあるかも、そんなふうに想像できることって楽しいことかも。

    掲載日:2008/05/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ねえ、どれがいい? / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / だるまさんが / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(58人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット