ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!

いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー 作・絵:ジョン・バーニンガム
訳:たにかわ しゅんたろう
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1988年09月
ISBN:9784251005175
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,862
みんなの声 総数 61
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あなたなら信じる…?

    こんな遅刻の理由ってあるかしら!?

    ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシーがお勉強しに出かけると…、途中でワニがあらわれたり、ライオンにズボンをやぶられたりと、奇想天外な出来事に遭遇してしまいます。それも毎日!?勿論、学校には遅刻。そして、ジョンの話をまったく信じない先生に厳し〜い罰(私なら泣いちゃうかも…)を与えられます。そんな こわ〜い先生に起こる出来事とは…?

    意外なラストに、思わずニヤリとしてしまいます。
    ジョンの何があっても淡々としている表情と、日増しに怪物化(?)していく先生の顔の対比も面白いです。
    でも、子供にこんな奇想天外な言い訳されたら、やっぱり信じられませんよね。私の顔も怪物になりそう!

    掲載日:2009/05/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ねえ、どれがいい? / はらぺこあおむし / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『1日7分の絵本で子どもの頭はみるみる良くなる!』浜島代志子さん×金柿代表

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット