もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おいしいおとなあに?」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

おいしいおとなあに? 作・絵:さいとう しのぶ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2002年05月
ISBN:9784251039729
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,426
みんなの声 総数 50
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 音も美味しく食べる大事な要素

    さいとうしのぶさんの描くたべものの絵は、いつもとっても美味しそうです。『あっちゃんあがつくたべものあいうえお』や『あぶくたった』など、我が家でもお気に入りの絵本がたくさんあります。
    今回は食べ物の音がテーマ。オノマトペを存分に味わえます。食べ物って、音も美味しく食べる大事な要素なんだなということを、改めて知りました。
    3歳と5歳の子どもに読んでいたら、となりで聞いていた8歳の娘が、絵を見ずに食べ物の音だけを聞いて、「あ、おせんべい!」「それうどんでしょ」とか言ってきたので、クイズとしても楽しみました。「ぺろぺろぺろーり。なーんだ」と、家族みんなで遊べて楽しかったです。

    掲載日:2013/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色んな音を知る

    • ぴいママさん
    • 20代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    家では今まで「もぐもぐ」「ちゅるちゅる」位しか擬音を使っていなかったので、この本はとっても参考になりました。
    口に含む時の「ぱく」た「つるつる」だけでなく、お肉が焼ける「じゅーじゅー」、チップスがおちる「ぱらぱら」、アイスが溶けて滴る「べとべと べたべた」など、沢山の音が出てきます。
    絵もかわいく、背景まで細かく絵がけれて居ます。スリッパやお煎餅にも顔があったのが気に入りました。

    掲載日:2011/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子の会話が弾む絵本。

    動物たちがちょっとちらかしたりしながらも食べている様子が楽しいです。
    絵の細かい部分で親子の会話が弾む絵本です。

    掲載日:2009/04/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おいしいおとなあに?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / おおきなかぶ / ぐりとぐら / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ペネロペのおうち』編集者 増井麻美さん インタビュー!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット