十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

おにいちゃんだから」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

おにいちゃんだから 作・絵:福田 岩緒
出版社:文研出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年09月
ISBN:9784580812734
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,119
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 我が家の境遇と照らし合わせて・・

    ちょうど主人公のゆういちくんが小学二年生。我が家の娘と同じ学年。
    弟がいるという境遇も同じ。

    きっとゆういちくんの気持ちに共感できる部分があるのではと思い、夏休みの読書感想文として読んでみたら?とすすめてみた一冊です。

    読んだ後に娘に感想を聞いてみると、出てくるわ出てくるわ・・
    日ごろ自分もそのような気持ちを抱いていたのですね。

    弟に大事なランドセルをゴミ箱にされてかわいそうだとか、遠足のおやつを食べてしまうなんてひどい・・など。
    そして自分自身も弟にこんなことされたなどという話も飛び出しました。

    そして、母としてもドキッとしました。
    「お兄ちゃんだから」とゆういちくんが父や母に言われていたのと同じく我が家も娘に対して「お姉ちゃんだから」という台詞を言っていたことを反省させられました。

    娘は特にその部分に共感しているように感じました。

    けれども、最後に、もし自分の弟が行方不明になったら悲しい。
    絶対すぐ探すと言ってくれました。

    娘も「弟なんかいらんかった」と言ってしまったことがあるのですが、やはり最後は弟が居てよかった。という結末になりました。

    同じような境遇にいるお兄ちゃんおねえちゃんはたくさんおられると思います。

    子ども自身の気持ちを聞きだしやすい絵本です。是非おすすめしたいです。

    掲載日:2010/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんで私にばっかり…

    • はなたま*さん
    • 30代
    • ママ
    • 長崎県
    • 女の子8歳、女の子6歳

    この絵本、弟をもつお兄ちゃんの苦労と葛藤がとても伝わってくるお話です。

    うちは姉妹ですが、やっぱりお姉ちゃんからおなじような不満がおきてます。

    さすがに『お姉ちゃんだから…。』という言い方をしたことはありませんが、両方を同時に叱るとき「なんで私にばっかり強く言うの?」と言われてしまいます。妹は要領がよく、『ごめんなさい」とすぐ謝り、言うことをきいて逃げるのでつい矛先がお姉ちゃんに…。

    読み終えてお話と重なるところを感じたので、親としてちょっと反省でした。
    上の子って我慢してたり、下の子とのやり取りに苦労してたりするんですよね。

    うちのお姉ちゃんも妹によく腹を立てていますが、『おねえちゃーん。』と上手に甘えてくるので憎めないようです。お兄ちゃん、お姉ちゃんは大変ですね。

    掲載日:2010/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おにいちゃんだから」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / おおきなおおきなおいも / かえるをのんだととさん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット